2018年薄毛抜け毛対策・AGA・増毛植毛の新常識⇒ふさふさ人気記事ランキング

タバコと薄毛の関係とは?「タバコやめますか?それとも薄毛やめますか?」

タバコと薄毛の関係とは?「タバコやめますか?それとも薄毛やめますか?」

タバコが身体に悪いことは、もはや説明する必要のない周知の事実。そして世間では、このタバコが薄毛の原因だという話があります。でも、一体何が悪くする原因なのかよくわかりませんよね?

そこで今回はタバコが薄毛に影響を与える原因と因果関係を調べてみました。

タバコのせいでハゲるのか?

タバコが原因で薄毛になるのかという問題について、こんな研究がある。

それによると、因果関係があると言った論文は1報、明確な関連はないと言っている論文は3報だったそうでどちらかというと関係はないとする見方が強いようである。要は、「タバコと薄毛は直接的な関連性は見受けられない」という話です。

タバコが薄毛に与える影響

タバコ吸ってたからって薄毛にならないんだったら、気にする必要はない。そう思うかもしれませんが、私はそうは思いません。

確かに直接的な因果関係は現時点では、はっきりとしてはいませんが、元来タバコが持つ害を考えると何も影響がないとは言えないと思うのです。

実際、アメリカのハーバード大学公衆衛生学部で行われた疫学調査ではこんな結果が出たようです。

タバコを吸う人は悪玉男性ホルモンが13%も多い

「タバコを吸う人」と「吸わない人」のホルモン量を調べたところ、喫煙者の方が非喫煙者よりも、テストステロンが9%多く、悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンは13%も多いという結果が出たようです。

つまり、タバコを吸う人はAGAの原因となるジヒドロテストステロンが高いわけですから、吸っている人は薄毛のリスクが高いということになりますよね?

血行不良が引き起こす、髪の栄養不足

タバコを吸うと血管が収縮して血流が悪くなるという部分があります。血流が悪くなれば末端の毛細血管への血流は行きにくくなる訳で、頭皮の毛細血管から栄養を受け取っている毛母細胞にも届かないことになります。それだけではありません。タバコはビタミンの破壊も行いますので、髪の毛に必要な栄養素そのものが失われてしまうことになるのです。

こうなってしまっては、健康な髪の毛が育つはずもなく、抜け毛・薄毛が悪化してしまうことでしょう。

タバコを辞めても薄毛改善はしない

というように、タバコの害から考えられうる弊害を紹介してきました。直接因果はなくてもやはりタバコは吸わないに越したことはありません。しかし、タバコを辞めたからといって毛が生えてくるのかというと、それはまた違うお話です。確実な因果関係が証明されたわけではない以上、薄毛改善に直接つながるとは言い切れないのです。

ですが、間接的な影響は否めませんので喫煙者の方は、出来れば禁煙すべきだと思われます。ここで気をつけなければいけないのは、急激な禁煙によるストレスです。

禁煙ストレスが抜け毛を促進する

ストレスによって自律神経のバランスを崩すことで、頭皮の血流が悪くなり、髪の毛が十分に育たずに抜け毛となってしまいます。
禁煙を試みる場合は、このような自体を招かないためにもストレスのかからない範囲での禁煙を行うのが望ましいです。

喫煙者の皆さん、少しでも薄毛を改善したいと望むのなら是非禁煙をすることをおすすめします。

AGAカテゴリの最新記事