ハゲの種類と症状。タイプで異なる薄毛対策法

M字ハゲ, O字ハゲ, U字ハゲ

O字ハゲの原因と対策

日本人に一番多いのが、このO字ハゲ。頭頂部のみがどんどんと薄くなっていくこの症状。上から見たときに薄毛部分がO字状になっていることからこの名がつけられました。

M字と比べると進行が進まないとなかなか気づきにくいタイプなので、周りにヤバイと言われる頃には既に大分進行してしまっている可能性が高いので注意が必要です。

O字ハゲの原因

頭頂部は悪玉男性ホルモンの影響を受けやすい「受容体」が多く存在し、多くの日本人がこの影響でAGAを引き起こしてしまいます。芸能人ではプロレスラーの「武藤敬司」やフットボールアワーの「岩尾望」なんかが有名なO字タイプですね。

O字ハゲの場合は、AGAだけではなく、頭皮の血行不良も原因の一つとしてあげられます。見分け方の一つとして、つむじ中心でハゲてきたらAGAの可能性大です。

O字ハゲの対策

頭皮の血行不良の場合、もしくはAGAの初期段階であるならば、頭皮マッサージが有効です。日常生活を改善し、頭皮の血流を良くすることで健康な毛が成長することでしょう。

進行してきたO字ハゲの場合は、速やかに治療を開始してください。育毛剤に改善がお手軽ですが、気づきにくいO字型の場合は進行が進んでしまっている場合が多いので、専門クリニックを受診することが一番の近道だと思われます。

次ページ:U字ハゲについて

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で