【抜け毛の原因】1日100本までは抜けてもOK!それより多いとちょっとやばいかも!

2018年9月4日ジヒドロテストステロン

抜け毛の原因は、1つではありません。種類や症状によって異なり、それに応じて適切な治療を選ぶ必要があります。また、1日の抜け毛本数が何本までなら心配ないかなど、基本的な情報を押さえておくことも大切です。

今回は、抜け毛のさまざまな原因・種類・症状をご紹介するとともに、薄毛予防に欠かせない対策をお伝えします。「最近、抜け毛の本数が増えた気がする」そんな悩みを持つ方は、ぜひご一読ください。

すぐに正確な原因を知りたい方はAGA診断がおすすめです。抜け毛を送料無料で郵送するだけで、抜け毛や薄毛の原因と適切な治療法が分かります。

抜け毛の原因を知る

男性の抜け毛の多くは、AGA(男性型円形脱毛症)であるとされています。AGAは、男性ホルモンが毛母細胞に悪影響を及ぼす物質に変質することで発症する脱毛症です。その原因物質は、(DHT)と呼ばれ、5aリダクターゼという酵素とテストステロンという男性ホルモンが結合して生成されます。

元々、男性ホルモンが多すぎると髪の毛が成長しにくい傾向があり、DHTに変質すればその力が約10~30倍向上するといわれます。そのため、DHTが増殖するとヘアサイクルは正常に働かなくなり、髪の毛が太くなる前に抜けやすくなってしまうのです。AGAは進行性の脱毛症であるため、放置していると髪は薄くなる一方です。専門の治療を受けない限り、抜け毛の症状を改善させることはできません。

1日に抜け毛が何本あると注意?

1日100本までなら大丈夫!

頭皮が健康な状態でも、髪の毛は毎日抜け落ちます。もっとも抜けやすいのが、シャンプー中と、睡眠を取っているときです。このタイミングで多少抜け落ちても、それは自然現象であり、過剰に反応する必要はありません。

自然脱毛の本数は、1日平均100本前後といわれています。つまり、1日あたり100本程度の抜け毛であれば正常なヘアサイクルの許容範囲内なので問題ないということです。ただし、元々の毛量が多い場合は1日200本近く抜けることもあるため、100本を超えたら異常だとは一概にはいえません。

どれくらいの本数が抜けているか、正確な数を確かめることは困難ですが、シャンプーをしているとき、あるいは寝起きの枕を見たときに、これまでより明らかに抜け毛が増えている感じがしたら、何らかの対策が必要かもしれません。

次ページ:抜け毛が多い季節

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で