M字ハゲ専用育毛剤「プランテル」効果を逃さない本当の使い方

2018年9月5日M字ハゲ, 育毛剤

知らぬ間におでこがどんどん広がっていき、隠れハゲの中でも最も多い部類と言われる「」。薄毛に悩む方の全体の約33%もの人がM字ハゲに悩んでいると言われています。「プランテル」はM字ハゲに悩む人の為に作られ、M字ハゲの為だけに作られた育毛剤です。

その為、育毛実感率も驚異の99%という数字を叩き出し、M字ハゲで悩む方たちを多く救っています。今回は、「プランテル」についてその特徴と効果を逃さない使い方について分かりやすく解説します。

→プランテルのパワーアップ版「薬用プランテルEX」

M字ハゲ育毛剤のプランテルが選ばれる理由

プランテル大反響
プランテル公式サイトより

薬用プランテルを販売している株式会社ユーピーエスは公式サイトによると、創業以来の変わらない理念は“毛髪再生医学”の確立と発展です。というように、育毛剤に対して並々ならぬ情熱を注いでいることが伺えます。

薬用プランテルはM字薄毛の原因に100%向き合ったことによって、研究を重ねた結果生まれた育毛剤です。製薬会社との共同開発を基本とし、そのこだわりと実感率99%の実績が、多くのM字ユーザーに人気がある理由と言えるでしょう。

M字ハゲは最も多くの人に起きるAGAの症状の一つで、こめかみの生え際から徐々に後退していき、その形がM字にみえることからそう呼ばれています。

AGAの仕組みは男性ホルモンのテストステロンに5αリダクターゼが結合することによって生まれるジヒドロテストステロンによって起こるものです。

そもそもなぜM字ハゲが多いのかというと、このⅡ型5αリダクターゼが前頭部に多く存在するからなのです。

プランテルがなぜM字ハゲに特化しているのか?

M字ハゲのイメージ

薬用プランテルは、私の知る限り唯一M字ハゲをうたっている育毛剤です。通常の育毛剤は万能型なのでどんなタイプの薄毛にも対応していますが、おそらく株式会社ユーピーエスは、タイプを絞ることでその独自性及びその効果を高めることに着目した。M字ハゲにその照準を絞り込んで研究を行い、その原因を突き詰めました。

M字ハゲの原因は前頭部に多くある成分が原因

5αリダクターゼの多い場所
AGA発症の仕組みは男性ホルモンのテストステロンに5αリダクターゼという酵素が結合することによって生まれるジヒドロテストステロンによって起こるものです。

この5αリダクターゼには2種類あり、Ⅰ型とⅡ型が存在します。Ⅱ型5αリダクターゼが前頭部、いわゆるM字部分に多いことを研究で解明したことから、それを阻害してしまうために「ヒオウギエキス」に着目しました。

ヒオウギエキスには5αリダクターゼを抑制する効果がある

ヒオウギエキスに含まれるイソフラボンは、5αリダクターゼ酵素の生成を抑制する働きを持っており、これを抑制することで、ジヒドロテストステロンを発生させないようにする「M字攻めソリューション」と呼ぶ独自の方法をプランテルは採用しているのです。

M字ハゲ育毛剤プランテルの特徴

プランテルに含まれる有効成分には、脱毛を防ぐ機能と発毛を促進する機能の2つが複合的に組み合わせられていることで効果を発揮します。
薄毛の原因と言われる男性ホルモンのテストステロンを抑制し、さらに血行を促進することでM字ハゲの改善が実現されました。

また、防腐剤や肌に悪影響を及ぼすと言われている石油由来の油も入っておらず、合成着色料もなしで、少しでも頭皮に悪影響のあるものは除外されています。

これらの要素を徹底的に追求して作られているため、プランテルはM字ハゲに超効果的な育毛剤に仕上がったのです。

1日2回の2プッシュずつでM字ハゲを改善

プランテルには推奨された使い方が存在します。
育毛剤の使用は1日2回(朝と夜)で使用をしてください。また、塗布する量は1か所あたり2プッシュずつ。M字部分に直接吹きかけるだけでOKです。
特に薄毛の進行が気になる場合は、4プッシュずつの使用が推奨されています。
それ以上吹きかけても効果が早まったりすることはありません。
プランテルだけでなく、育毛剤の効果を最大限に発揮するには適切な使用量と回数を守ることが大切です。

プランテルの副作用について

はっきりいってプランテルに副作用など、ほぼありません。あっても「かゆみ」や「かぶれ」程度のもの。なぜならプランテルが医薬部外品だからなのです。

副作用がないのなら効かないのでは?と疑問はありますが、副作用がない=効果がないではなく、薬の力を弱めているから副作用がなく、効果が出るのに通常より多少時間がかかるものの安心して使える用品です。

次ページ:本当に効果のある育毛剤の仕組みとは

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で