2018年薄毛抜け毛対策・AGA・増毛植毛の新常識⇒ふさふさ人気記事ランキング

ハゲる前兆に気づいたラッキーなキミは、予防と対策をすることでハゲなくてすむだろう

ハゲる前兆に気づいたラッキーなキミは、予防と対策をすることでハゲなくてすむだろう

「最近抜け毛が目立つようになってきたな・・・」「まさかこのままハゲるのかな・・・」と心配しているあなた!

禿げる人には段階ごとにその前兆が現れています。

数ある兆候の中でも特に「髪の毛が抜けたのに全く痛みを感じなかった」という人はかなり危険です!

もしかしたらこのまま一気に抜け毛が増えて立派にハゲていまいますよ?

禿げる兆候は自宅で簡単にチェックできるので、もしハゲるサインが出ていたら薄毛を進行させないためにも予防策をしっかり取りましょう。

【危険】ハゲる前兆で1番ヤバイのは引っ張っても痛くないこと

痛みを感じることなく簡単に髪の毛が抜ける場合は禿げる1歩手前の前兆なのでかなり危険です!

男性は3人に一人はAGA(男性型脱毛症)が原因で禿ます。まずはAGAを疑って診断を受けるべきです。

 

抜け毛や薄毛の原因と正しい治療法が分かる500円でできるリーブ21のAGA診断

髪の毛を引っ張って何の痛みもなく抜けてしまうのは、固着力が弱く、髪・頭皮が弱っている証拠でAGAの可能性が極めて高いです。

禿げる前兆は抜け毛の痛みレベルで分かる

髪を引っ張る際に髪の毛1本だけだと、たまたま痛みを感じる神経が通ってない場合痛みを感じないことがあります。

しかしヘアブラシを利用していてたまたま2,3本引っ掛かった時でも軽い痛みしかなく、髪の毛が抜けてしまうと将来的に禿げる危険性大です。

前提として髪の毛の抜けやすさを「髪の固着力」と言います。

髪の固着力は髪の毛を頭皮から抜くのに必要な力と同じ意味ですが、一般的に約10g~20g程度の力で抜けてしまう髪の毛は薄毛が進行して弱った状態の可能性が高いです。

10gというと100円玉2枚分(9.6g)とほぼ同じ重さなので、かなり優しく髪の毛を引っ張る程度なので健康的な髪の毛であれば、そう簡単には抜けません。

髪の毛が弱っているから抜けても痛みがない

髪の毛が抜けやすく、引っ張っても痛みがないのは髪の毛が細く弱っているからです。

白髪を抜いた時に痛い髪の毛と痛くない髪の毛があると思いますが、細い髪の毛ほど痛みを感じませんよね?

髪の毛が細くなっているのは、髪の毛の根っこにある毛乳頭が活発に働いていないからなんです。

毛乳頭は髪の毛の素となるケラチンを作り、新しい髪の毛を作り出しています。

しかしケラチンの生成量が少ないとせっかく作られた髪の毛は細く生まれ、そのまま弱々しく伸びていき、最終的には抜けやすい髪の毛が出来上がるという仕組みです。

禿げる前兆を見抜いて育毛シャンプーを使おう

ハゲは知らず知らずのうちに進行していると思っていませんか?

そんなことはありません!

実はただ気づいていないだけで他にも身体の至るところから禿げるサインは出ています。

対策としてこれまで使ってきた市販のシャンプーから育毛シャンプーに切り替えるだけでも十分効果があるのでぜひ試してみましょう。

禿げる前兆【初期段階】は爪の色で見抜こう

【ハゲる前兆の主な症状/初期】

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 頭皮の乾燥しがち
  • 頭皮がベタつく気がする
  • 日を追うごとにボリュームがなくなっている
  • 頭皮に違和感がある
  • 髪の毛が細くなった気がする

男性でハゲている人のおよそ10人中9人はAGA(男性型脱毛症)です。

主なAGAの原因はホルモンバランスの乱れや血行不良による頭皮への栄養不足などが挙げられます。

そのため頭皮を触ってみるとなんとなく乾燥している、もしくはお風呂に入った訳でもないのに若干ウエットな感じがします。

しかし一見すると身体の内側の話なのでわからないですよね?

そんな時は爪の色をチェックしましょう!

健康的な爪はピンク色をしていますが、それは爪の下をめぐる毛細血管の血液の色です。

もし血行不良が生じていれば毛細血管は収縮するため、爪は白っぽく見えます

禿げる前兆【中期~後期段階】

【ハゲる前兆の主な症状/中期~後期】

  • フケが出る
  • 髪の毛が脂っぽい
  • 頭皮の湿疹・かゆみ
  • 頭皮が固い
  • 髪の毛が細くなる・ボリュームダウン
  • 頭皮や髪質に変化を感じる
  • 地肌が目立つ

頭皮トラブルが具体的に発現し始めた頃には、ある程度薄毛が進行していると考えられます。

フケが異常に発生したり、頭皮がかゆくなる、髪質が急に柔らかくなるなどの変化が現れた場合かなり注意が必要です。

市販のシャンプーの利用を止めて、育毛シャンプーに切り替えるだけでもかなり改善が見込めます

禿げてしまう前に具体的な対策を取りましょう。

↓↓本物の育毛シャンプーをまとめたものがコチラ↓↓

【育毛シャンプー おすすめ】で選んだシャンプーが抜け毛の原因?

ハゲるきっかけをつくる5つの原因

【禿げるきっかけになる5つの原因】

  • 頭皮の洗いすぎ
  • 睡眠不足・栄養不足・運動不足
  • 過度なストレス
  • 紫外線・整髪料・パーマ・カラー・髪型と言った頭皮への刺激
  • 遺伝的体質

基本的に頭皮や髪の毛のダメージは直接禿げる原因へつながります。

よくありがちな間違いとしてされているシャンプーのやり過ぎはかえって頭皮や髪の毛へダメージを与えるだけなんです。

睡眠不足や不規則な食生活も禿げる生活習慣を生み出しています。

↓↓まずはハゲる生活習慣をしていないかチェックしてみよう↓↓

薄毛を引き起こしどんどんハゲていく10の生活習慣

また遺伝的な要因も原因の1つに挙げられます。

これは単純に「親戚に禿げが多いから自分もハゲる」というものではなく、先天的に男性ホルモンからどれだけ脱毛ホルモンを生成しやすいか?という意味です。

遺伝子検査を行うことで「食事は○○を意識して摂取したほうがいい」「たばこを控えるように」など具体的なハゲないアドバイスを受けることができます。

現在AGAクリニックだけでなく自宅でも簡単で、しかも痛くない遺伝子検査できるキットもあるので、もちろん禿げる前兆の初期段階でも自分の状態を知る意味で遺伝子検査の利用はおススメです!

↓↓遺伝子検査と言っても注射とか使わないから痛くないんだ!!↓↓

ハゲは遺伝する!?遺伝の仕組みとチェック法を教えます

ハゲる前兆を見逃さないための薄毛の部位別チェックしておきたい5つのこと

禿げてしまってからでは遅いので、前兆に気づくのが早ければ早いほど有効な薄毛対策を選択できます。

また部位毎に禿げる前兆の発現が違うのでチェックしてみましょう!

それぞれの項目で当てはまるものが2個以上あれば立派な禿げる前兆【中期~後期段階】です。

<おでこ・生え際>⇒このような兆候があれば、おでこは後退していてまさにが始まっています。

  • 生え際の髪の毛が細くなったように感じる
  • 前髪が少なくなったように感じる
  • 寝癖がつかなくなった
  • 短い毛が抜ける
  • 髪の毛に白いマカロニのようなフケが付着している
M字ハゲに特化した育毛剤もオススメです
M字ハゲ専用育毛剤「プランテル」が人気になる納得の理由

<つむじ・頭頂部>⇒このような兆候があれば最悪AGAの可能性もあります。要注意です!

  • つむじ周りの髪の毛が細くなったように感じる
  • つむじ周りの抜け毛が増えたように感じる
  • つむじ周りのフケやかゆみが気になる
  • 頭頂部を触ってみるとボリュームのなさに気づく
  • つむじ付近の地肌が目立って見える

<分け目>⇒同じ場所で髪の毛を分け続けると髪の毛に負担を与え、禿げるきっかけになっています。

  • ボリュームがなくなってきたように感じる
  • ハリ・コシがなくなってきたように感じる
  • 地肌が目立つ気がする
  • 頭皮や髪の毛が脂っぽい気がする
  • フケが目立つようになった

【検証】「禿げやすい体質」のウソ?ホント?

髪の毛が薄くなっていく同級生を横目で見ながら「アイツは元々髪の毛細かったし、すね毛も薄いから禿げやすい体質だったんだ!」と決めつけていませんか?

それはとんでもない勘違いです!

もちろんハゲと体質には関連性はありますが、間違った情報が多く広がっているのも事実です。

間違った情報に流されて薄毛対策を1歩も2歩も遅らせてしまい、気づいた時にはもう手遅れ・・・なんてことにならないように正しい知識を身につけましょう。

ハゲが女性よりも男性に多い理由はホルモン量の違い

まずは性別の違いで見ると基本的には男性のほうが禿げやすい体質だと言えます。

男性のハゲのおよそ90%はAGA(男性型脱毛症)です。

AGAは脱毛ホルモンの素となる男性ホルモン“テストステロン”の影響からヘアサイクルが乱れてしまい、毛髪の成長を妨げる症状です。

↓↓男性ホルモンがハゲる原因と言われている理由について詳しく解説しています↓↓

勘違いしてない?テストステロンはハゲの直接の原因ではなかった

もちろん女性もこの男性ホルモンを持ってはいますが、それ以上に女性ホルモン“エストロゲン”を多く持っています。

エストロゲンは脱毛ホルモンの生成を抑える作用があるので女性は禿げにくいのです。

反対に男性の体内でもエストロゲンは生成されますが、その量はかなり少なく脱毛ホルモンの生成を抑制するほどではありません。

ハゲと体毛の濃さは関係ない

「スネ毛やヒゲが濃いから同じ体毛である髪の毛が薄くなるはずがない」と思われがちですが実は全く関係ありません!

たしかに男性ホルモンが多いと体毛やヒゲは濃くなる傾向にありますが、ハゲは男性ホルモンのバランスが崩れることで起きるので別物です。

男性ホルモンが多くてもバランスが整っていれば禿げませんし、逆に体毛の少ないタイプの人であってもホルモンバランスを崩せばハゲてしまいます。

↓↓噂の真相についてはこちらで解説しています↓↓

「すね毛やヒゲなど体毛が濃い人はハゲる」説はウソ?ホント?

「剛毛で密度が高い髪質だったら禿げる心配はない」はウソ

これまで周囲から「髪の毛が剛毛だから将来ハゲる心配ないね」と言われ続けたせいで、ハゲとは関係ないと安心しきっていませんでしたか?

結論からいうと、ハゲと髪質には何の因果関係もありません!

髪の毛が本来太かった人でも禿げる可能性は十分あります。むしろ油断していた分、薄毛対策が出遅れてしまいハゲてしまう人が多いのです。

もともとの髪質よりも細くなった気がする・・・最近ハリがなくなった気がする・・・少なくなったような・・・という変化を感じた場合は薄毛の始まりの可能性がありますので注意が必要です。

イライラしやすい性格は禿げる

【ストレスによって禿げる原因】

  • 血行不良による髪の毛の栄養不足
  • 亜鉛が欠乏することによる発毛の阻害

イライラしやすい=ストレスを溜めやすい人は禿げやすい体質と言えます。

ストレスを受けると交感神経が刺激されて血管が収縮し、血流が悪くなります。

血流が悪くなると髪の毛の成長に必要な栄養が十分に行き渡らず、栄養不足状態に陥ります。

結果髪の毛は細く、抜けやすく、そして生えにくくなり、禿げてしまいます。

さらに過度のストレスは味覚障害を引き起こし、それを改善するためにただでさえ不足しがちなミネラル「」が消費されます。

亜鉛は髪の毛を構成するために必要な栄養素なので亜鉛が欠乏してしまうと新しい髪の毛は生えにくくなり、薄毛を促進してしまいます

↓↓毎日何をどのくらい食べたら亜鉛を摂れるのか?の答えはコチラ↓↓

亜鉛はハゲを改善させるという噂は本当なのか?

また几帳面や心配性・自己嫌悪タイプの人も本人の自覚のないストレスを抱えている可能性があるので注意が必要です。

打ち込める趣味を持ったり、寝る前のストレッチなどもストレス発散としては効果的なのでぜひ取り入れてみましょう。

前兆を知って早めの対策を!

禿げる原因を知ることで予防を、そして前兆を知ることで早めに対策することができます。

予防や対策もそこまで難しいことをする訳ではなく、基本的には健康的な生活を心掛けるだけです。

健康的なライフスタイルは頭皮にもいい影響を与えるので、心身が喜ぶことを積極的に取り入れていきたいですね!

すぐできる!禿げるサインへのおすすめ対策は正しくシャンプーを行うこと

先述の通り市販のシャンプーから育毛シャンプーへ切り替えて使うことも大事ですが「正しく髪の毛を洗うこと」も同じくらい大事です。

薄毛にならないために正しく洗髪することは今日から出来る薄毛予防なのでぜひおすすめです!

↓↓知らなかった!正しい洗髪の方法について詳しくみてみよう↓↓

正しいシャンプーのやり方を知って、洗い方改善!!頭皮を健康に

育毛シャンプーを取り入れることで頭皮環境は改善され、抜け毛の抑制だけでなく発毛しやすい環境に整えてくれます

健康的な髪の毛のためにも正しく髪の毛を洗いましょう。

ハゲる前兆は意外と身近なところに存在している

禿げる兆候は頭皮の見た目だけでなく抜け毛の痛みの程度など意外と身近なところに現れています。

大切なのは少しでも「あれ?最近髪の毛が薄くなってきたかな?」と感じたらすぐに行動に移すことです。

何もしないのは時間とともにただただハゲていくのを待つだけです。

また、やみくもに育毛剤や発毛剤を使うのは本当の原因がわからない以上あまりおすすめしません

今日から出来る予防法として自分の体質をしっかり把握すること正しい洗髪を心掛けましょう!

薄毛カテゴリの最新記事