てっぺんハゲを治す方法とてっぺんハゲに似合う髪型5選

髪型

日本の成人男性の約20%以上の人がてっぺんハゲで悩んでいると言われていますが、あなたはてっぺんハゲになってしまって諦めていませんか?

てっぺんハゲになったことで女性と接触するのが苦手になった人も多いことでしょう。

しかし、現在ではてっぺんハゲを治す方法はいくつか存在しており、きちんとした対策を行えばてっぺんハゲも見事に治すことができます。また、治すことが困難な人でも、女子からモテる髪型がたくさんあります。
どちらもきちんと自分に見合った方法で対策を行うことにより最大限の効果を発揮します。

今回は、てっぺんハゲを治す方法のご紹介と特別企画の「女子100人が選ぶ!てっぺんハゲに悩む男性に似合う髪型5選」をご紹介していきます。

この記事の目次

てっぺんハゲとつむじハゲの正しい見分け方

まずは、あなたがてっぺんハゲなのか、単なるつむじハゲなのかを判別してみましょう。てっぺんハゲとつむじハゲは同じことのように思われがちですが、実はまったく違ったハゲのタイプの種類なのです。
大きく違うのは髪の毛の太さ・状態・抜け毛です。この3つの項目をチェックすればある程度自分がてっぺんハゲなのかつむじハゲなのかを容易に見分ける事ができます。

てっぺんハゲ 通常のつむじ
髪の太さ 細い 太い
髪の質感 柔らかい コシがある
抜け毛 細く短い 太く長い
頭頂部の周囲 つむじを中心に地肌が目立つ つむじのみ目立つ
頭皮の色 茶色っぽい 白い

てっぺんハゲの場合は明らかに頭皮の状況が違います。
自分が若かった時の髪質と比べて柔らかいという感触がある場合はてっぺんハゲの前兆かもしれません。

また、髪の毛が薄くなりつつある人は、頭皮の血液循環が悪く、頭皮が茶色になってきてしまいます。心当たりのある人はてっぺんハゲが進行しつつある状況、または今後進行していく可能性がある可能性が高いと言えます。

てっぺんハゲは毎月頭頂部の写真を撮れば一目瞭然

誰にも知られたくないてっぺんハゲ。自分がてっぺんハゲかもしれないと思っているけど、確かめることができない人が多くいます。
そんな人は、毎月自分の頭頂部の写真を撮って見比べてみましょう。

3か月程経過した時に薄い範囲が広がっていた場合は、てっぺんハゲになりつつある状況です。また、1か月で明らかな変化を感じ取られた人は、すでにてっぺんハゲは進行している可能性が大いにあります。

しかし、てっぺんハゲになったからと言って諦めることはありません。しっかりと対策・改善を行えばてっぺんハゲを治すこともできるので、きちんと向き合って治療を行いましょう。

てっぺんハゲを治す2つの方法

ここからは、てっぺんハゲを治す方法をご紹介します。悩むよりもすぐに行動をして少しでも早くてっぺんハゲを改善させましょう。

てっぺんハゲ初期の人は育毛剤で完治

てっぺんハゲが初期の方は最も手軽な育毛剤で治すことができます。初期状態の目安としては、毎月頭頂部の写真を撮影し、3か月~5か月経過後に少し頭頂部に変化が見られた場合は、てっぺんハゲの初期症状としてとらえてください。

育毛剤で治すことができるのですが、きちんとした使用方法・容量を守らないと効果の実感を得ることができません。

また、育毛剤は種類も多く、人によって合う商品と合わない商品がありますので、きちんとした育毛剤選びを行ったうえで使用をしましょう。

クリニックで診療をする

てっぺんハゲの症状がかなり進行している人は、クリニックで治療を受けましょう。コストはかかってしまいますが、最も近いてっぺんハゲを治す近道ともいえます。
時間が経つほど薄毛は進行していくものです。悩んでいるのならすぐに対策をとることが一番です。

次ページ:てっぺんハゲを隠すための3つのポイント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で