2018年薄毛抜け毛対策・AGA・増毛植毛の新常識⇒ふさふさ人気記事ランキング

薄毛に効果があるAGA治療薬って一体なに?

薄毛に効果があるAGA治療薬って一体なに?

最近ではインターネットやドラッグストアで薄毛に効くと話題の商品がたくさん販売されています。

購入を検討されている方も多いと思いますが、実際に薄毛治療の効果が認められているのはAGA治療薬のみです。

今回の記事では、科学的に効果が認められている薄毛治療薬を紹介していきます。

薄毛に効くAGA治療薬とは?

日本皮膚科学会が策定している「男性型脱毛症診療ガイドライン」では、ミノキシジル外用療法とフィナステリド内服治療が薄毛治療に効果があると認められています。

また、ガイドラインに記載されていないサガーロも、薄毛治療に効果があることが認められ、2015年9月に厚生労働省から認可を受けています。

代表的な薄毛の治療薬

それでは薄毛の治療効果が実際に認められているAGA治療薬を見ていきましょう。

ミノキシジルは、1970年代にアメリカ合衆国で開発された降圧薬を応用し、開発された薄毛治療薬です。

AGA治療おける「第一選択薬」として推奨され、AGAへの有効性が認められています。

ミノキシジルには血管拡張作用による血行の促進作用があり、髪の毛の成長を促します。

プロペシア(フィナステリド)

フィナステリドを主成分とするプロペシアは、AGA治療を専門とするクリニックで処方される薬です。

フィナステリドは、男性型脱毛症診療ガイドラインの薄毛の治療効果が認められている成分で、ミノキシジルとは異なった治療効果を発揮します。

そのため、多くのAGA専門クリニックでは、2つの治療薬の併用を勧めています。

サガーロ(デュタステリド)

サガーロは、2015年に厚生労働省から認可を受けて、翌年の2016年発売された新しいAGA治療薬です。

有効成分であるデュタステリドは、もともと前立腺肥大の治療薬として使われていましたが、薄毛の治療にも有効であることが分かり、AGA治療薬として再開発されたものです。

薄毛の治療薬の副作用

AGA治療薬は医薬品であるため、副作用が起きる可能性があります。

では、どのような副作用があるのか見ていきましょう。

ミノキシジルの副作用

・頭皮のかゆみ、かぶれ、発疹
・頭痛、めまい
・手足のむくみ

ミノキシジルによる副作用で特に多いのが「かぶれ」などによる皮膚疾患です。

重篤な副作用は報告されていませんが副作用が発生する可能性はゼロではないので、副作用の症状があった場合は使用を止めて、早めに病院などの専門機関へ受診しましょう。

プロペシアの副作用

・勃起不全(1%未満)
・精液量の減少(1%未満)
・肝臓機能の低下

プロペシアの副作用として代表的なのが、勃起不全などの性機能障害です。

発生率は低いですが、他に肝機能の低下なども報告されています。

肝機能に不安がある方は、服用前に医師に相談することをおすすめします。

サガーロの副作用

・勃起不全(4.3%)
・精液量の減少(1.3%)

サガーロの副作用は、プロペシアと同じく性機能障害です。

発生率は、プロペシアに比べるとやや高めですが、臨床試験ではサガーロによる精子濃度の変化や精子の形態異常はなかったそうです。

また、精子減少は確認されても正常範囲内という検証結果も報告されています。

プロペシアやサガーロに限らず、男性機能の問題はシビアなので、副作用が気になる方は使用前に医師の相談しましょう。

AGA治療薬を使用するときの注意点

薬局やインターネットに薄毛治療を目的とした市販薬が出ていますが、個人の判断で薬を選んで服用することは危険です。

AGA治療薬を使用するときの注意点をまとめました。

個人輸入のものは使わない

個人輸入で医薬品を安価で入手することができますが、海外製の医薬品には偽造品などが紛れているリスクがあります。

医師から処方された薬による副作用であれば、相談によって適切な措置が可能ですが個人輸入の場合、副作用や薬害への対処は自己責任になります。

専門クリニックで検査を受ける

AGA治療薬は血圧低下や肝機能の低下のような副作用があるため、処方には検査が必要です。

専門クリニックでは、必要に応じて遺伝子検査や血液検査によって副作用の危険があるかどうか事前に調べてくれます。

自己診断で使用を中止しない

AGA治療薬の効果を実感するには3~6ヶ月ほどの時間がかかります。

治療効果が出たからといって、途中で服用を止めるとAGAの進行をさえぎるものがなくなり、薄毛が再発される可能性があります。

AGAの治療には長期的で継続的な治療が必要になることを理解しておきましょう。

AGA治療薬は医師の診察を受けてから

どの治療薬が効果があるのか、その人の体質や症状によって異なります。

正しく使えば薄毛に効果がある治療薬も、誤った用法や用量で使用しては意味がありません。

必ず医師の診察を受けた上で自分に合った治療薬を見つけることが薄毛の解消に繋がりますので、まずは無料カウンセリングなどを利用して、正しい薄毛治療を始めましょう。

薄毛カテゴリの最新記事