一体薄毛に効くAGA治療薬はどれ?その効果と副作用

AGA治療薬, ミノキシジル, 治療

AGA治療薬を使用するときの注意事項

薬局やインターネットに薄毛治療を目的とした市販薬が出ていますが、個人の判断で薬を選んで服用することは危険です。

AGA治療薬を使用するときの注意点をまとめました。

個人輸入のものは使わない

個人輸入で医薬品を安価で入手することができますが、海外製の医薬品には偽造品などが紛れているリスクがあります。

医師から処方された薬による副作用であれば、相談によって適切な措置が可能ですが個人輸入の場合、副作用や薬害への対処は自己責任になります。

専門クリニックで検査を受ける

AGA治療薬は血圧低下や肝機能の低下のような副作用があるため、処方には検査が必要です。

専門クリニックでは、必要に応じて遺伝子検査や血液検査によって副作用の危険があるかどうか事前に調べてくれます。

自己診断で使用を中止しない

AGA治療薬の効果を実感するには3~6ヶ月ほどの時間がかかります。

治療効果が出たからといって、途中で服用を止めるとAGAの進行をさえぎるものがなくなり、薄毛が再発される可能性があります。

AGAの治療には長期的で継続的な治療が必要になることを理解しておきましょう。

AGA治療薬は医師の診察を受けてから

どの治療薬が効果があるのか、その人の体質や症状によって異なります。

正しく使えば薄毛に効果がある治療薬も、誤った用法や用量で使用しては意味がありません。

必ず医師の診察を受けた上で自分に合った治療薬を見つけることが薄毛の解消に繋がりますので、まずは無料カウンセリングなどを利用して、正しい薄毛治療を始めましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で