植毛後にショックロスがやってきた!しかし再び髪の毛が生える方法とは?

副作用

植毛手術や麻酔などの影響により、既存の髪の一部が一時的に抜ける現象のことを、ショックロスといいます。正式な医学用語では、「手術後に見られる既存毛の一時的な抜け毛の増加」と言います。

植毛をしたのに抜け毛が増えるとなると、どうしても気にしてしまう人もいるでしょう。しかし、髪全体が抜けるわけではなく、約10%から15%ほどの毛が抜けると言われています。

しかも全体の毛の15%程度の抜け毛の場合でも、見た目ですぐにわかるものではないので安心してください。

今回は、ショックロスについて説明をさせていただきます。

ショックロスが起こる確率は「20%」

ショックロスの確率として、一般的に言われているのは「20%」と言われています。正直なところ、決して少ないと言いきれる数字ではありません。

ただしこの20%という数字の中には、抜け毛の程度が比較的軽度であるケースも多く含まれています。そのため、手術前よりも薄毛が目立つという心配は少ないとも考えられます。

また、ショックロスが起きる可能性があると言われているケースは、髪が弱い場合。しかしながら、ショックロスに関しては、医学的には不透明なところが多く、たとえ医師でも事前にショックロスの可能性を見極めることは困難とも考えられています。

そしてさらには、その原因も明確には追究されておらず、ショックロスを起こす可能性や程度については、まさにケースバイケースと言えます。

次ページ:それはショックロスではなく「植毛の脱落」だ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で