ハゲ予防をしても意味のない最悪のパターン?それって改善できるの?

ハゲ予防, 改善

きちんとしたハゲ予防をしているんだけど、なかなか効果が実感できず、逆にどんどんハゲていってしまう。

それは、あなたのハゲ予防のやり方が間違っているのではなく、ハゲの予防をする手法が違うからです。

ハゲの予防はきちんとした原因の追究と対策をすれば改善します。あなたのハゲの原因は何ですか?ハゲる原因は様々な要素があり、それに対しての予防策が存在するのです。

たとえば、睡眠時間が短いことがハゲる原因であった場合、食生活を改善しても根本的なハゲ予防にはなりません。

運動をしていて骨折してしまった場合に行く病院は、脳神経外科でも小児科でもなく、整形外科ですよね。それと同じことなのです。

睡眠不足が原因なのであれば、しっかりとした睡眠時間を確保することが最善のハゲ予防だと言えます。

まずはハゲてしまった原因を探ることが第一です。それから最善のハゲ予防策を見出していきましょう。

今回は、ハゲが気になる人だけでなく、すでにハゲてしまっている人に対しても有効な改善策や予防策をご紹介します。

ハゲ予防知識1!若ハゲって何歳からなの?

最近はやってきている言葉として、「若ハゲ」という言葉があります。昔は40~50代から髪の毛が薄くなる人が多かったのですが、近年では男性ホルモンの影響のほか、生活習慣の乱れやストレスが原因で、若いうちから薄毛に悩む男性が増えてきています。このように若いころから薄毛が進行してしまう状態を「若年性脱毛症(男性型脱毛症(AGA))」、いわゆる「若ハゲ」というのです。

20代までにぐっとハゲてきたのであれば、「若ハゲ」といっても良いでしょう。また、40代からに関しては、AGAの可能性がぐっと上がります。

男性のAGAの発症率は以下の通りとなっています。

・20代:6%
・30代:12%
・40代:32%
・50代:44%
・60代:51%
・70代:61%

40代になると急激に数値が上がっています。世の中の男性の3分の1程度がAGAを発症しているという結果です。
しかし、若ハゲの男性も増えてきていますので、ハゲ予防はどの年代の方にも必須となってきています。若ハゲが不安な場合も、予防するしかありません。

ハゲ予防知識2!若いときの薄毛は治療するとハゲの予防に効果がある?

若いときの薄毛は早いうちに治療をすると効果が期待できます。特に20、30代の若ハゲは早めの治療を行うことで年配者に比べ治療の効果が高いといわれています。ハゲないためには、気になり始めてからが大切です。思いたったら早めに対策していくことで、事前にハゲを防ぐことができます。

ハゲ予防知識3!ハゲ予防は原因の改善が最優先

ハゲ予防には原因となっている習慣の改善が最も効果的です。原因を改善するだけで効果が現れてきます。その具体的な効果とは、抜け毛が減ったり頭皮が柔らかくなったり、髪の毛のコシが強くなるなどです。

今から上げる7つの項目に対し、一つでもひっかかる項目がある場合は徹底的に改善を目指しましょう。

次ページ:ハゲてしまう7つの原因と習慣

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で