植毛の失敗率は10%と判明。この数字は何を意図している?

2018年9月21日副作用, 植毛手術

植毛失敗しないために或いは植毛手術を受けた直後にこれは失敗なんじゃないかと不安に思っている方、この記事をお読みください。

既に植毛を検討している方やどの植毛クリニックが良いかをお探し中の方はこちらの記事を参考にどうぞ!

植毛手術を行うにあたって、最も不安視されるのが、述語の植毛失敗です。一概に失敗と言っても、あらゆる失敗が想定されます。髪の毛が全然生えてこない・頭皮が赤く腫れ上がっている・逆に抜け毛が増えてしまった。など、様々です。

しかし、現在の植毛技術により、植毛失敗率は10%だと言われています。つまり、植毛成功率は90%だと言うことです。また、安全性も高く、薄毛を克服するための最善の治療法として確立されています。

植毛失敗するか成功するかのカギ

植毛失敗したいために様々な成功条件が必要です。正確に採取・株分け・移植の作業を行わないと、後々傷跡が残ったりという失敗につながってきます。丁寧かつスピードの速いクリニックを選ぶ事が植毛手術失敗を防ぐ一番の近道となります。

最も重要だと言われている条件を説明します。

植毛失敗しないために健康な毛を選別し傷つけないよう細心の注意が必要

植毛手術の場合はただ単に髪の毛が多い後頭部や側頭部から採取すれば良いわけではなりません。健康な髪の毛を厳選してドナーとして移植しなければ生着率が下がり失敗につながります。もちろん、採取する際に毛根に傷つけてしまったら同じく生着率が低下します。更に、採取した毛包から正確に株分けを行う必要があります。どちらか失敗すれば無駄なドナーロスにつながります。選別も採取も高度な技術が必要です。

植毛失敗しないために時短が命

植毛失敗しないために、採取から移植までの時間如何に短縮できるかがカギとなります。採取から移植までの間、毛根には血が流れないことになります。まさに毛根にとっては命取りになります。いかにこの間の時間を短くすることができるかどうかで頭皮への生着率が大きく変わるのです。もちろん採取から移植までの時間が長ければ長いほど植毛失敗の確率は上昇していきます。植毛手術を行うクリニック症例数や施術する先生の経験と熟練度に関わってきます。

植毛失敗しないためにFUT法を採用

現在、多くのクリニックがFUT法を採用しています。FUT法とは、後頭部や側頭部のAGAの心配がない生きた毛根を薄く切り取り、手作業で株分けして薄毛が気になる部分に移植する手法です。FUT法は生着率が95%と高い確率を誇っています。FUT法以外での植毛法を提案された場合はきちんとFUT法との違い、メリットデメリットについて説明を求めましょう。

次ページ:植毛失敗と勘違いされる症状について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で