それでも植毛をしますか?自毛植毛のデメリットは想像以上に恐ろしかった。

副作用, 植毛手術, 自毛植毛

自毛植毛は現在の薄毛・AGA治療においては最善の治療方法と言われています。髪の毛が生え、理想の髪型になることができるという反面、デメリットも存在します。

デメリットと言っても、小さなものから大きなものまで、想定の範囲外の事ももちろん起こりえます。メリットだけではなく、デメリットも考慮したうえで植毛手術を受けることをお勧めします。

今回は、自毛植毛のデメリットについて紹介します。

自毛植毛のデメリット1:総費用は1000万以上!?

自毛植毛は保険適用外の外科手術にあたるため、費用が高いということが一番のデメリットになります。

費用は植毛する数によって変わります。目安として、1000本なら65万円、3000本なら130万円~160万円、頭頂部に4000本なら160万円~190万円と、決して安くはありません。ただし、ミノキシジルやプロペシアなどの抗男性ホルモン薬での治療の場合は服用し続ける必要があるため、長期間服用した場合の治療費用合計は2000万円~3000万円かかることもあります。手術費用だけで考えていると、大変なことになりがちです。

また、自毛植毛手術を行わず、カツラで過ごすことを考えている方は、カツラの購入費用とメンテナンス費用で1000万円~2000万円かかる場合があります。一番安いクリニックでも500株で40万円程度。医療ローンを使えば毎月の支払い負担額は減らせますが、やはり高いです。髪の毛が半永久的に生え続け、メンテナンスも必要ないことを考えると決して高くないと思っていますが、それでも検討中の段階では高く感じてしまうでしょう。

次ページ:自毛植毛は本数に限りがある

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で