2018年薄毛抜け毛対策・AGA・増毛植毛の新常識⇒ふさふさ人気記事ランキング

それでも植毛をしますか?自毛植毛のデメリットは想像以上に恐ろしかった。

それでも植毛をしますか?自毛植毛のデメリットは想像以上に恐ろしかった。

自毛植毛は現在の薄毛・AGA治療においては最善の治療方法と言われています。髪の毛が生え、理想の髪型になることができるという反面、デメリットも存在します。
デメリットと言っても、小さなものから大きなものまで、想定の範囲外の事ももちろん起こりえます。メリットだけではなく、デメリットも考慮したうえで植毛手術を受けることをお勧めします。

今回は、自毛植毛のデメリットについて紹介します。

自毛植毛のデメリット1:総費用は1000万以上!?

自毛植毛は保険適用外の外科手術にあたるため、費用が高いということが一番のデメリットになります。

費用は植毛する数によって変わります。目安として、1000本なら65万円、3000本なら130万円~160万円、頭頂部に4000本なら160万円~190万円と、決して安くはありません。ただし、ミノキシジルやプロペシアなどの抗男性ホルモン薬での治療の場合は服用し続ける必要があるため、長期間服用した場合の治療費用合計は2000万円~3000万円かかることもあります。手術費用だけで考えていると、大変なことになりがちです。

また、自毛植毛手術を行わず、カツラで過ごすことを考えている方は、カツラの購入費用とメンテナンス費用で1000万円~2000万円かかる場合があります。一番安いクリニックでも500株で40万円程度。医療ローンを使えば毎月の支払い負担額は減らせますが、やはり高いです。髪の毛が半永久的に生え続け、メンテナンスも必要ないことを考えると決して高くないと思っていますが、それでも検討中の段階では高く感じてしまうでしょう。

自毛植毛のデメリット2:本数に限りがある

自毛植毛は自分自身の毛髪ですから、脱毛部分を全てこれでまかないたいところです。しかしながら、必ずしもそのようにできるとは限りません。自毛植毛とは、後頭部や側頭部など施術部位の周囲の頭皮から採取を行うため、本数には必然的に制限がつきます。髪の生える場所を移動しているだけなので髪の全体量には変化がなく、どこから何本とるかの計画が大切になります。

さらに、1回の施術でどれほどの数の毛根を移植できるかという問題もあり、移植する数が多ければ2回の施術に分けて植毛することもあるわけです。元々の毛量によって個人差はあるものの、おおよそ4000~6000株(本数にして10000~16000本)程度が限界になります。

これ以上になる場合は、2回に分けて施術をすることになります。その為、植毛にかかる費用の負担額も膨れ上がってきます。

自毛植毛のデメリット3:術後の目立ちが激しい

自毛植毛ではグラフトを正確に採取するため、後頭部や側頭部のドナーとなる部分を1~3mmほどの長さに刈り上げる必要があります。

「友人や同僚にバレたくない」から刈り上げない自毛植毛を探している人も多いでしょう。専用のウィッグで隠せばほとんど分からないので、そこまで心配する必要はないと思いますが、どうしても刈り上げたくないなら料金は高いですが、親和クリニックのNC-MIRAI法(ナチュラルカバーリング)か、アイランドタワークリニックの刈らないdirect法が一番分かりづらい術式になります。

また、髪の毛が長い人に関しては、ツーブロックにすることにより目立たなくなります。

自毛植毛のデメリット4:不自然な仕上がりになる

仕上がりが不自然になりやすいのは生え際です。生え際に関しては、医師やクリニックが持つ知識や技術に大きく関係してくると言われています。生え際は毛流れや濃さ、高さなど精密に判断した上で移植しないと、見た目がカツラのような不自然な状態になってしまいます。

ただし、現在は植毛技術が発達してきている為、生え際がひどく不自然に見えるということはなくなっています。自然な生え際にするには、「真っ直ぐ一直線ではない」「密度濃さが他と違わない」こと。この辺が重要になります。自毛植毛前のカウンセリングの段階で症例写真などを多数見せてもらい、不自然にならないかと質問してみると良いでしょう。

実際に症例写真を見て、失敗だと感じる不自然な例があれば、一度そのクリニックで植毛手術を行うことは考え直しましょう。また、植毛後に更に脱毛が進行してしまい、植毛部分と自分の髪の部分に溝(無毛地帯)が出来てしまう恐れもあります。この辺は植毛後の成り行き次第になってしまいますが、その点も考慮した植毛を行ってくれますので心配しすぎる必要はないでしょう。

若い世代ほどAGA脱毛症の進行は将来起きやすいので、場合によっては一端植毛手術を受けることは待った方が良いといったアドバイスを受ける場合もあります。後頭部のドナーは豊富にありますので、もしも施術後に万が一不自然に溝が出来てしまったりした場合は再度植毛手術を受けるという手も残されています。

自毛植毛のデメリット5:AGAの根本的な解決にはならない

植毛は施術したら治療が完了すると思っている方も多いのですが、AGAの進行を抑える治療を続けなければ、植毛していない場所の薄毛が進行し、新たに薄毛が目立つ部分ができてしまいます。

そのため、自毛植毛を行った後でも薬による治療は続けなくてはいけません。継続したAGA治療を行うために、治療薬を処方してくれるクリニックを選びましょう。

植毛を受ける前に医療機関に相談を

植毛におけるガイドラインの中では「フィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルによるAGA治療を受けてみて、効果が得られない場合に植毛を考慮しましょう」という記載されています。

DHTの活性化を外科手術だけで継続的に抑えるのは不可能であるため、そういった意味では植毛は最終的な手段とも考えられます。そのためAGAの進行が深刻化する前や外傷などによる毛根の消失がないのであれば、クリニックで処方される内服薬や外用薬による治療が適切といえるでしょう。

AGAは進行性の脱毛症なため自然治癒することはほとんどないといわれています。放置すればヘアサイクルの乱れにより髪の毛がどんどん減少していきます。細く弱々しい髪が増え、やがて成長する前に抜け落ちて薄毛へとつながってしまいます。髪の毛が少なくなっていく焦りから短期間で薄毛を改善できる可能性が高い植毛に興味を持つ気持ちはよく理解できます。しかし施術のデメリットやコストを考えれば「まずは投薬治療」という選択が安心です。

AGA治療専門クリニックには、AGA治療の豊富な経験と知識を持った医師が多く在籍しています。まずは専門知識のある医師に相談するのがよいでしょう。

植毛カテゴリの最新記事