AGAと薄毛の決定的な違いはハゲるスピードにあった!?

2018年11月10日

AGAと薄毛の違いはご存知ですか?薄毛が原因でAGAになるという考えが多いと思いますが、あながち間違いではありません。AGAと薄毛の症状は非常に良く似ています。

しかし、実は決定的に違うものがあります。AGAは別名「男性型脱毛症」と言います。これは成人男性に多く見られる症状であり、抜け毛や薄毛がゆっくりと進行していきます。おでこの生え際や、頭頂部のが薄くなっていく事が多いです。

一方薄毛は、代表的なものに円形脱毛症があり、一時的にすっかり髪の毛が無くなります。しかし、原因をつきとめ、改善をすればすぐに髪の毛が生えてくると言う特徴があります。 薄毛の場合はいつ、どの部分が薄くなるのかはわからないので、この点においてもAGAとは違うと断定出来ます。

正確に原因を付けとめるには、まず一度AGA診断を受けるべきです。抜け毛を送料無料で郵送するだけで、抜け毛や薄毛の原因と適切な治療法が分かります。

今回は、AGAと薄毛の違いについて説明をしていきます。

AGAと薄毛の違いは抜け落ちるスピードにあり

AGAと薄毛の違いとして、 AGAは特徴的なハゲ方でゆっくりと進行していくのに対し、薄毛は比較的早いスピードで薄くなりますが、適切な治療や対策を行えばすぐに髪の毛が生えてくると言う点が挙げられます。原因についても違いがあり、はっきりとした原因が見つかってはいません。

しかし、AGAは主に遺伝性が疑われており、薄毛は日常生活の中に原因があると言われているのです。しかし、AGAと薄毛の違いを見分けることは個人ではほぼ無理です。この違いをはっきりさせる為には専門のクリニックで調べる事がおすすめです。

AGAは薄毛の症状の中で最も多い病気

AGAは薄毛症状の一つですが、実際には薄毛の大半がAGAを発症しています。よって多くの場合は「薄毛=AGA」と考えても困ることはありません。ただし自分の薄毛をAGAと思い込み、誤った薬を服用した場合は、なにも改善が見られません。

なおAGA(男性型脱毛症)とは、男性ホルモンのテストステロンが、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変化することで発症する薄毛のことを言います。DHTに変化する原因は5αリダクターゼという酵素の存在です。現在あるAGA治療薬は、この5αリダクターゼの働きを抑制することで薄毛の改善を図る為の治療薬になっています。

そのため薄毛の治療や改善を検討中の方は、まず「薄毛=AGA」という考えを改め、クリニックへ向かい相談をしましょう。クリニックで薄毛の原因を特定してもらい、診断に基づいた適切な治療を受けなければ、どんな原因であっても薄毛を改善することには繋がってきません。

AGA以外の薄毛の症状はなにがあるの?

AGA以外での薄毛の症状は、どのように分類されているのでしょうか。主な薄毛の症状を確認しましょう。

円形脱毛症

円形脱毛症とは、コインのような形で、髪の毛がまとまって抜けてしまう症状のことを言います。円形脱毛症の周囲の髪の毛を引っ張ると、ほとんど抵抗なく抜けてしまいます。そのため、一度円形脱毛症が発症すれば症状が早く進行する可能性があります。また、場合によっては発症から数ヶ月で頭髪全体がなくなってしまう人もいます。特にストレスや自己疾患による原因で発症する場合がほとんどとなっています。

脂漏性脱毛症

頭皮の皮脂が過剰分泌することにより発症する薄毛症状です。皮脂が毛穴に詰まることにより炎症が生じ、抜け毛を進行させます。予防策として、脂っぽい食事を控えたり、洗髪時に頭皮の皮脂をしっかり落とすなど、生活習慣の一部を見直すことにより症状が改善することがあります。

若年性脱毛症

いわゆる最近多く見られている「若ハゲ」と言われる症状です。若年性脱毛症は男性だけではなく、女性も発症します。主な原因はストレスや生活習慣の乱れ。一度発症してしまうと、抜け毛のスピードは一気に進行します。しかし、生活習慣を見直すことにより若年性脱毛症は改善されます。

粃糠(ひこう)性脱毛症

大量のフケが原因で毛穴に炎症が発生し、抜け毛を進行させる症状です。現時点でフケが大量に発生する原因は解明されていません。しかし、フケの影響によるマラセチア菌の異常繁殖が抜け毛の原因であることは判明しています。殺菌力の高いシャンプーなどを使用することで、症状が改善されることがあります。

抜毛症

髪の毛を抜くクセが原因となって進行する薄毛症状のことを言います。髪の毛を触ったり引っ張ったりする癖のある人に見られる症状です。抜毛症で抜けてしまった髪の毛は、他の薄毛の症状よりも改善しにくいと言われています。髪の毛を引っ張る癖を直す、または、精神的ストレスに大きな負荷がかかっている人は、このような要因を排除することでしか薄毛の進行を止めることはできません。

AGAの改善方法は根本的な生活習慣の見直しが必要

AGAを改善するには、治療はもとより、現在の生活習慣を根本から見直さなければなりません。バランスのいい食事を取り、早寝早起きを心がけることが重要です。また、喫煙をされる方は禁煙を行い、毎日お酒を飲んでいる方は酒量を減らしていきましょう。

AGAの原因となるホルモンを抑制させる育毛剤も開発されていますので、そのような育毛剤を使用することも推奨されています。

薄毛の改善はストレスフリーを目指す

薄毛の場合は症状や原因が複数存在します。よって、治療方法も症状により異なってきます。ストレスによる単発型の薄毛症状には、ストレスフリーな生活を続けることで症状が改善されることが多いと言われています。日々の生活の中で受けるストレスをいかに軽減させていくか、趣味などでストレスを発散していくようにしましょう。

一方、多発型や蛇行型、あるいは自己免疫疾患を原因とする薄毛の場合には、ステロイドを使用した薬を使った治療が多く行われています。自己免疫疾患とは、正常な体の細胞を異物とみなしてしまい、攻撃してしまう疾患です。これを治すために、ステロイド薬が使われるのです。ステロイド薬には塗り薬や内服薬などさまざまな種類があり、症状に合わせて使うことになります。

ただし、ステロイドには副作用がありますので、必ず医師の処方の上で服用するようにしましょう。

AGAか薄毛の判断は必ずクリニックで診断を

AGAと薄毛には共通する点もあるため、自己判断が難しいケースが大半です。できるだけ医療機関や薄毛専門のクリニックなどで診察してもらってください。

特に、円形脱毛症の場合には原因によって対策も異なってくるので、医師の診断の上で適切な治療を行うことが大切です。薄毛でもAGAでも、症状に合わせた治療が改善の近道です。自分がAGAなのか薄毛なのかをクリニックでしっかりと見極め、さらにその症状を引き起こしている原因を突き止めて、薄毛を改善していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク