AGAとAGA以外が原因の薄毛には決定的な違いがある、それはハゲるスピード!

病気・症状, 薄毛の原因

AGAの改善方法は根本的な生活習慣の見直しが必要

AGAを改善するには、治療はもとより、現在の生活習慣を根本から見直さなければなりません。バランスのいい食事を取り、早寝早起きを心がけることが重要です。また、喫煙をされる方は禁煙を行い、毎日お酒を飲んでいる方は酒量を減らしていきましょう。

AGAの原因となるホルモンを抑制させる育毛剤も開発されていますので、そのような育毛剤を使用することも推奨されています。

薄毛の改善はストレスフリーを目指す

薄毛の場合は症状や原因が複数存在します。よって、治療方法も症状により異なってきます。ストレスによる単発型の薄毛症状には、ストレスフリーな生活を続けることで症状が改善されることが多いと言われています。日々の生活の中で受けるストレスをいかに軽減させていくか、趣味などでストレスを発散していくようにしましょう。

一方、多発型や蛇行型、あるいは自己免疫疾患を原因とする薄毛の場合には、ステロイドを使用した薬を使った治療が多く行われています。自己免疫疾患とは、正常な体の細胞を異物とみなしてしまい、攻撃してしまう疾患です。これを治すために、ステロイド薬が使われるのです。ステロイド薬には塗り薬や内服薬などさまざまな種類があり、症状に合わせて使うことになります。

ただし、ステロイドには副作用がありますので、必ず医師の処方の上で服用するようにしましょう。

AGAか薄毛の判断は必ずクリニックで診断を

AGAと薄毛には共通する点もあるため、自己判断が難しいケースが大半です。できるだけ医療機関や薄毛専門のクリニックなどで診察してもらってください。


特に、円形脱毛症の場合には原因によって対策も異なってくるので、医師の診断の上で適切な治療を行うことが大切です。薄毛でもAGAでも、症状に合わせた治療が改善の近道です。自分がAGAなのか薄毛なのかをクリニックでしっかりと見極め、さらにその症状を引き起こしている原因を突き止めて、薄毛を改善していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で