2018年薄毛抜け毛対策・AGA・増毛植毛の新常識⇒ふさふさ人気記事ランキング

勘違いしてない?テストステロンはハゲの直接の原因ではなかった

勘違いしてない?テストステロンはハゲの直接の原因ではなかった

薄毛対策を行う際によくテストステロンという男性ホルモンを耳にすると思います。一部ではあたかも「テストステロンが脱毛につながる」と言われていますが事実は少し違います。本当に影響しているのはテストステロンが変化したジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンが関係しているのです。

正しい脱毛の仕組みを知ることは脱毛を食い止めることにつながります。薄毛対策として育毛剤やシャンプーの使用はもちろん効果はあると思いますが1番の対策は生活習慣の改善です。体内から薄毛になりにくい体質を作ることこそが根本的な対策なんです。

テストステロンはハゲの直接の原因ではなかった

よく男性ホルモンであるテストステロンが何か悪さをして髪の毛が薄くなっていると誤解している人がいるようですが、テストステロンが直接の原因ではありません。

出典:ユナイテッドクリニック池袋駅前院/テストステロンの年代別推移

テストステロンは年齢を重ねると共に減少傾向にありますが事実、高齢の男性でも薄毛に悩まされている方は多いですよね?その理由は別のホルモンが関係していて、それこそが脱毛に直接関係していたのです。

男性ホルモン「テストステロン」とは?

男性ホルモンにはいくつか種類がありますが、その中でも最も多いのがテストステロンという物質です。テストステロンは男性機能はもちろん脂肪を減少し、男性らしい骨格・筋肉の形成や、やる気・集中力・闘争心など精神面にも関わってくる「男らしさ」を作り出す男性ホルモンなんです。

そのため近年男性でも更年期障害に悩まされる人が増えていますが、その多くはこのテストステロンの減少が原因の1つと考えられています。

テストステロンとハゲに直接的な因果関係はなかった

グラフからもわかるようにテストステロンは思春期~20代の間に最も活発に分泌され、その後は徐々に減少していきます。考えてみればテストステロンが増加することでハゲるのであれば男性はみんな若いうちからハゲることになりますよね?

そう!テストステロンはハゲの直接の原因ではなかったのです。では原因は何なのでしょうか?次に述べるテストステロンが変化した脱毛ホルモンジヒドロテストステロン(DHT)が関係していたのです!

テストステロンは20~30歳をピークに減少していきますが、ジヒドロテストステロンは体内でテストステロンの分泌量が減るとそれを補うようにジヒドロテストステロンの生成量が増えるので高齢の方でも薄毛に悩まされるのです。

黒幕は脱毛ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」だった

脱毛ホルモンとも呼ばれるジヒドロテストステロン(DHT)は男性ホルモン「テストステロン」が還元酵素「5αリダクターゼ」と結びつくことで生成されます。

ジヒドロテストステロンこそが脱毛に直接影響しているのですが、この脱毛ホルモンの生成を抑制する方法の1つとして亜鉛の存在が注目されています

薄毛進行のメカニズムはこうだった!

出典:治療薬通販のAGA薬局

男性ホルモンであるテストステロン単体では薄毛に影響を与えることはありません。私たちの血液中に存在する還元酵素「5αリダクターゼ」という物質と結びつくと悪玉ホルモンジヒドロテストステロン(DHT)が生成されます。(生成力には個人差があります)

このジヒドロテストステロンが毛乳頭のアンドロゲン受容体に受け取られることで髪の成長を抑制したり、皮脂の過剰分泌を引き起こすことで新たな毛髪の育成に悪影響を与えるのです。さらにジヒドロテストステロンの濃度が高くなると毛包(毛根を入れている袋状の組織)が衰えて髪の毛が抜けてしまうのです。

ジヒドロテストステロン(DHT)生成を抑制することはできるか?

ジヒドロテストステロン(DHT)はテストステロンと還元酵素である5αリダクターゼと結びつくことで生成されることはわかりましたが、それ自体を抑制する方法はないのでしょうか?

ジヒドロテストステロンを形成するどちらか一方の働きを抑えることが出来ればいいという発想で注目されているのが5αリダクターゼの働きを押さえる栄養素「亜鉛」です。

亜鉛は脱毛ホルモンの生成抑制のほかにもたんぱく質から髪の毛が生成されるのをサポートする役割も持つ優れものです。具体的には牡蠣やあさり、しじみ、卵などに含まれています。ただし過剰摂取は身体に害を及ぼすため注意しましょう。

また医学の進歩は目覚しく、テストステロンをジヒドロテストステロンへ変換しないようにする薬としてプロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)が開発されました。これにより男性ホルモンを高めながらリスクを回避することも可能になりました。

ジヒドロテストステロン(DHT)に仕事をさせないための2つの対策

最近の研究によるとジヒドロテストステロン(DHT)を抑制するためにはテストステロンと5αリダクターゼの結合を抑えるだけではないことがわかってきました。生活習慣を見直したり、普段から20~30分程度の運動を行うことでもジヒドロテストステロンを抑制することが出来るのです。

個人で簡単に出来るジヒドロテストステロンの生成を抑える代表的な取り組みを2つ紹介したいと思います。

生活習慣の改善

stevepb / Pixabay

外食やコンビニ弁当ばかりの偏食や塩分・油分の取り過ぎ、過度の飲酒はジヒドロテストステロンの増加を手助けすることにつながります。また髪の原料となるたんぱく質や育成を促進させるミネラル・ビタミンの摂取不足は毛髪の成長を妨げる原因になるので注意しましょう。

また喫煙は血管を収縮させ、血行不良になります。血行が悪くなると髪に十分な栄養が行き渡らないためハゲにつながります。髪の成長にミネラルやビタミンは必須ですが、タバコはミネラルの吸収を阻害しビタミンCをはじめとするビタミンを破壊してしまうためジヒドロテストステロンが増加する恐れがあります。

睡眠不足も薄毛の大敵です。特に肌の新陳代謝ターンオーバーが活発になる22時~深夜2時は就寝しておくことをおすすめします。またストレスも血行不良を引きこすのでストレス緩和のために就寝前にホットミルクを飲んだり、ストレッチを行うことでリラックスした質の良い睡眠を取ることも効果的です。

有酸素運動

Free-Photos / Pixabay

生成されてしまった脱毛ホルモン・ジヒドロテストステロンは汗と一緒に体外へ排出することが出来ます

運動不足になるとジヒドロテストステロンを排出しにくくなるだけでなく、血行も悪くなる傾向があるので運動不足はハゲの原因と考えられています。

中でもおすすめなのが継続的な有酸素運動の実施です。ウォーキングやジョギング、通勤時利用している駅の1つ先の駅まで自転車で行くなど無理のない範囲で出来そうな運動を選ぶことが長く続けるコツです。有酸素運動は生活習慣病の予防にも効果があるのでぜひおすすめです。

薄毛に強い体内環境にしよう

男性ホルモンであるテストステロン自体が直接薄毛の原因ではないということはご理解頂けたと思いますが、ジヒドロテストステロンの働きは正直気になるところだと思います。ただそれも日々の生活サイクルをちょっと見直すことである程度抑えられるのです。

体内環境は個人の努力で劇的に改善できます。食生活にしても適度な運動にしてもまずは出来る範囲で見直してみてはいかがでしょうか?それが脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンの生成を抑え、薄毛の進行にストップをかける一助になるのです。

薄毛にならない頭皮環境は体内環境の改善で作られます。ぜひ生活習慣を見直してみましょう。

薄毛・抜け毛カテゴリの最新記事