薄毛を引き起こしどんどんハゲていく10の生活習慣

改善, 頭皮

突然ですが、私たちは今まで知らず知らずのうちにハゲるための生活習慣を送っていたことに気づいてましたか?

多くの人がそんな自覚がないままこれまで過ごしてきたと思います。真剣に薄毛を改善したいのであればまずは生活習慣を見直しましょう!

生活習慣の改善は「髪の毛が生える→伸びる→抜ける→また新しい髪の毛が生える」というヘアサイクルを正常化し、結果薄毛改善につながるのです。まずはチェック表を利用して自分の生活習慣を改めて見直してみましょう!

知らないうちにハゲを進行させる悪しき10の生活習慣

あなたは髪の毛のことを真剣に考えた生活を送っていますか?実は知らないうちに薄毛を加速させる地雷が、普段当たり前のように送っている生活習慣の中に10コも潜んでいるんです!

悪しき生活習慣が2コ以上当てはまったあなた!!早急に生活習慣の改善をおすすめします!

このまま放っておくと今以上に髪の毛が薄くなり、完全にハゲてしまいますよ!!

【2コ以上あったら注意!薄毛になりやすい生活習慣チェック表】

忙しくて不規則な食生活を送っている

屋外では帽子を被ると蒸れるのでそのまま日光に頭をさらしている

ついつい夜更かししてしまう

最近運動らしい運動をしてない

ストレスを発散することなく溜め込んでしまう

髪の毛は朝晩1回ずつ計1日に2回シャンプーをしているので清潔そのものだと思っている

髪の毛をセットするのにワックスなしでは難しい!でも1日の終わりにはゴシゴシ髪の毛を洗っている

「酒は百薬の長」だから飲みすぎても問題ないと信じている

タバコをやめてストレス感じるくらいなら一生吸い続けると心に決めている

就寝前、スマホで動画サイトを見ながらよく寝ている

① 現代人の多くはハゲるための食生活を送っている

「バランスの良い食事をとっていますか?」と聞かれて「はい」と言えますか?私も含めてほとんどの人が出来ていないでしょう。

髪の毛にとって食生活が乱れるということは髪の毛の成分である栄養素を十分摂取出来ていないということなんです!コンビニ弁当や外食中心の食生活による偏食や食事を摂る回数や時間も不規則になったことで、薄毛改善にとってよくない食生活を1食でも送っているという心当たりが多くの現代人にあるのではないでしょうか?

本気で薄毛対策を考えているのであれば規則正しい食事を心がけ、髪を成長させるビタミン群や亜鉛、アミノ酸などを積極的に摂取するようにしましょう!

② 日光の浴び過ぎは頭皮をやけど状態に

帽子を被ると頭が蒸れるという理由から外では帽子を被らず、太陽の光を浴びていませんか?それ大間違いどころかかなり危険です!

日光を浴びすぎることは紫外線を大量に浴びることになり、体の他の部位よりも皮膚が弱い頭皮はやけど状態になるんですよ!

やけど状態の頭皮はバリア機能を失い、髪の毛を新しく作るために必要な毛母細胞や毛乳頭といった機能の低下を招きます。

ただし適度な日光浴には育毛効果が期待できることがわかっています。外出する際には通気性の良い帽子で頭皮をガードする適切な対策をとりましょう!

③ 発毛をあきらめるならぜひ夜更かししよう!

薄毛を落とし穴の1つである「夜更かし」みなさんやってませんか?夜更かしは薄毛の促進させてしまいますよ!

睡眠時間が短かったり、眠りが浅く睡眠の質が悪いとホルモンバランスが乱れ、薄毛につながります。

髪の毛や頭皮に必要な成長ホルモンの分泌が最も活発になるのは就寝後2~3時間です。そのため頭皮の新陳代謝(ターンオーバー)が最も活発になる夜22時~深夜2時までの「ゴールデンタイム」を逃さずに眠りにつくことで、より効果的に成長ホルモンを分泌させることができるので、夜22時には就寝することをおすすめします!

睡眠不足や就寝時間がバラバラだと自律神経が不安定になります。そのため血管が収縮して血行が悪くなり、薄毛が進行してしまうので新しい髪の毛の成長を求めるのであれば良質な睡眠時間の確保に努めましょう。

④ 薄毛に追い討ち!?運動不足はハゲ+デブのもと!

薄毛改善に運動が良いと言われて何時間もジョギングをしたりジムに通って汗を流さないといけないと思っていませんか?そんなことはありません!

実は運動のやり過ぎは筋肉へ過度な負担を与え、結果体内で脱毛ホルモンが増加します!おすすめは有酸素運動を継続して行うことです。目安としては週に3回10分間有酸素運動を行うのが効果的です。

有酸素運動は基礎代謝をUPさせてくれるので血行促進効果が期待できるだけでなく、肥満になることも防ぐことができるのでかなり有意義です。しかも毎日しなくてもいいというのが長く続けられそうでうれしいですよね!

具体的な有酸素運動にはどんなものがあるのか紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

【主な有酸素運動一覧】

  • ジョギング
  • ウォーキング
  • 水泳
  • テニス
  • シャドーボクシング
  • バスケットボール
  • ヨガ
  • 自転車(エアロバイクを含む)
  • スクワット
  • 踏み台昇降

おすすめは家でもできるスクワットとエレベーター代わりに階段を利用することで出来る踏み台昇降です。特に踏み台昇降は自宅でもイスなどで代用できるなど道具を用意する必要がないのでとても経済的で、今日からできるという点がいいですよね!

⑤ 本当は怖い!ストレスが髪の毛に与える2つの悪影響

人間はストレスを感じると自律神経の乱れから血流が悪化し、髪の毛や頭皮に十分な栄養が行き渡らないという状態になるのですが、ストレスはもう1つ髪の毛にとって深刻な影響を与えることを知っていましたか?実は抜け毛防止に必要な要素である睡眠に影響を与えています!

「悩み事(=ストレス)が気になって、考え過ぎて眠れない!」なんてことありますよね?ストレスを感じると脳内に大量のアドレナリンが分泌され、脳が興奮状態になります。そのため睡眠に影響が出るのです。

ストレス発散のために先程の有酸素運動の中から例えば学生時代にやっていたスポーツを久しぶりに始めてみたり、運動以外でも趣味に打ち込む時間やリラックスする時間を日常的に作るようにしてみるのもいいでしょう。

⑥ 間違った髪の毛の洗い方は抜け毛が増えるのを手伝ってるだけ!

毎日お風呂に入って洗髪していると思いますが、普段やっているシャンプーのやり方間違っていませんか?「私は大丈夫だから関係ない!」と思っている人ほど間違った髪の毛の洗い方をしています!

シャンプーの不十分なすすぎは頭皮や毛穴に余計な成分を詰めてしまい抜け毛の原因に繋がります。正しいシャンプーのやり方を知って抜け毛のない健康的な頭皮環境を保ちましょう!

またよくあるシャンプーの落とし穴の代表的なものを2つ紹介したいと思います。万が一下記のような習慣をしている人がいたら注意しましょう!

【シャンプーの落とし穴 その① 1日に何回も髪の毛を洗って清潔にしている】

1日に何度も髪の毛を洗うことはおすすめしません!複数回シャンプーすることは髪の毛や頭皮のバリア機能を持つ皮脂を必要以上を落とすことになります。

結果としてそれを補おうと皮脂が過剰に分泌され、頭皮にとって悪影響を与え抜け毛を促進してしまいます。

よっぽど運動などで汗をかいた時以外は1日に何度も髪の毛を洗うのはやめましょう!

【シャンプーの落とし穴 その② 朝シャンで清潔にして1日をスタートする】

また朝からシャンプーをする人もいると思いますが、いわゆる「朝シャン」も抜け毛促進に繋がるのでおすすめしません!【シャンプーの落とし穴 その①】に加えて忙しい朝からシャンプーをするので、すすぎ残しが増えることが予想されます。

1日中頭皮にシャンプーが残ってしまうと頭皮のベタつきや臭い、最悪頭皮の炎症を引き起こす可能性があります。

どうしてもシャンプーをしたいのであればシャンプー後十分時間を置いてから出かけるようにしましょう!

⑦ ワックスは髪の毛へ2度ダメージを与えていた!

薄毛の人にとって毎日ヘアスタイルを作り出すのは大変なことで最近ではヘアワックスを利用する人も多いかと思います。ワックスを利用することは1度だけでなく2度もダメージを与えています!

髪の毛のセットに困らない、薄毛の人にも似合うモテヘアの特集を用意したのでなるべく髪の毛や頭皮にダメージを与えないような自分だけの髪型を見つけましょう!

ワックスによるダメージ その① ヘアワックスに含まれる界面活性剤や油分が毛穴に詰まる可能性がある

ヘアワックスには髪をセットしやすくするために界面活性剤が配合されています。界面活性剤は髪の毛の主成分であるたんぱく質を壊す性質を持っています。界面活性剤といえば台所用洗剤にも使用されていることでも知られていますが、イメージとしては台所用洗剤で髪の毛をコーティングしているようなものなので決して髪の毛や頭皮に良くはないですよね?

またワックスが頭皮に付着すると含まれている油分が毛穴に詰まってしまい抜け毛に繋がる可能性もあるため注意しましょう!

ワックスによるダメージ その② ヘアワックスが付着しているため無意識のうちにシャンプーし過ぎてしまう

ヘアワックスを使用するとしっかり落とさないと髪の毛にとって悪影響というイメージが先行してゴシゴシと髪の毛を洗ってしまう傾向があります。髪の毛の洗い過ぎは必要な皮脂を落とし過ぎてしまい、髪の毛を様々なダメージから守る皮脂がなくなるだけでなく、頭皮をより抜け毛を引き起こしやすい状態にしてしまいます。

薄毛を進行させないためにもワックスを使用した場合はお湯だけで洗う「予洗い」を十分に行い、指の腹でマッサージするように洗うことを心掛けましょう!

⑧ お酒は薄毛にとって「百薬の長」ではなかった!

「酒は百薬の長」と言われるため体にいいと本当に思っていませんか?髪の毛にとってアルコールは必要な栄養素の吸収を阻害するので控えることをおすすめします!

アルコールを分解するためには体内のビタミンB群が多く使われます。ビタミンB群は頭皮の皮脂コントロールを行う栄養素なので頻繁に飲酒するとビタミンが欠乏し、皮脂の分泌量がコントロールできず頭皮がベタつきやすくなる恐れがあります。

過剰分泌された皮脂は抜け毛の原因になるためお酒は髪の毛にとって薬ではなく、毒です。禁酒することが1番ですが付き合いもあって急に止めるのも難しいでしょうし、お酒を控えることでストレスを感じるようであれば意味がないので適量(=缶ビールであれば500ml1本程度、焼酎25度であればグラス1/2杯程度)に抑えることから始めましょう!

⑨ タバコは髪の毛の成長を邪魔していた!

タバコを吸う事でストレスを緩和しているので問題ないと思っていませんか?たしかにストレスを溜め込まないことは大事ですが、だからと言ってこのままタバコを吸い続けると近い将来ハゲるかもしれませんよ!

タバコを吸うとニコチンが体内に吸収され血管が収縮することによって血行不良を起こし、場合によっては毛細血管が死んでいきます。毛細血管が死んでしまうと今まで髪の毛に栄養を届けていた輸送ルートがなくなることになるので髪の毛にハリやコシが次第になくなり、最終的には抜け毛を引き起こしてしまうので出来れば禁煙をおススメします。

どうしても禁煙が難しいという人は最近ではタバコに比べるとニコチンやタールを抑えたIQOSなどの電子タバコへ切り替えるだけでも違うのでぜひ検討してみてはどうでしょうか?

⑩ 意外と知らない!?眼精疲労が発毛を妨げる

「眼精疲労と薄毛なんて大して関係ないでしょ?」と思っていませんか?実は大いに関係があるんです

髪の毛は主にケラチンと呼ばれる物質で構成されています。このケラチンはシステインという物質から合成されるのですが、目の疲労回復させるためにこのシステインが使われています。言い換えれば目が疲れれば疲れるほど髪の毛の生成へ回される分のシステインが利用されるため髪の毛が育たないということです。

眼精疲労を防ぐために目が疲れるような作業は適度に休憩しながら行ったり、目の周りをマッサージするなどの方法が有効です。またパソコンやスマートフォンなどから出るブルーライトも目が疲れる要因なのでブルーライト対策をとるだけでなく、時間を決めて利用するなどの工夫をしましょう。

またパソコンやスマホの画面の明るさや背景色を調整するだけでもかなり目にかかる負担は違います。デフォルト設定の「白背景→黒文字」「黒背景→白文字」のほうが目に入る光の量が少ないので1度試してみましょう!

本気で薄毛を改善したいなら生活習慣の見直しによるヘアサイクルの正常化を目指そう!

これまで自分では普通のことだと思っていた生活習慣も髪の毛にとっては決してよくないものもあったと思います。大事なのはこれからです!

出来るところから少しずつ改善を目指せば徐々に変化は現れます!髪の毛のために良いとされる生活習慣を見直すことは正常なヘアサイクルを取り戻すことにつながります。抜け毛はヘアサイクルの乱れから起こります。健康的な頭皮環境を保ち、正常なヘアサイクルを実現することこそが薄毛改善の第一歩です!

生活習慣を見直すことは髪の毛だけでなく健康的な体づくりにも期待できます。ふさふさな髪の毛と同時に健康的な体も手に入れて、これからの人生は前向きで自信に満ち溢れたものにしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で