育毛の切り札・鮮度が命の「生シャンプー」は冷蔵庫で保管すべき!

育毛シャンプー

育毛シャンプーを選んでいると「この商品は”生”シャンプーです」といったキャッチフレーズを見かけたことはありませんか?

育毛における生シャンプーとは配合されている有効成分が酸化して品質劣化するのを防ぐことで実現された最も効率の良い育毛シャンプーなんです!

有効成分を配合したシャンプーを新鮮な状態で使用できるので今までの育毛シャンプーと比べてさらに効果に期待できそうですね!

育毛シャンプー界で今話題の新ジャンル「生シャンプー」とは

現在数多くの育毛シャンプーが市場に出回っていますがその中で今、大注目の生シャンプーという言葉を聞いたことはありませんか?

生シャンプーとは一言で言うと配合成分の酸化を防いでシャンプーの鮮度を保った商品です。

これまでに生シャンプーは酸化防止剤や防腐剤を一切使用しないシャンプーなので実用化は難しいとされてきました。

しかし2016年に株式会社ジャパンゲートウェイが世界初となる生シャンプーを発売すると発表したのをきっかけに生シャンプーという言葉が一気に広まりました。

育毛シャンプーを”生”にする3つのメリット

【育毛シャンプーを”生”にする3つのメリット】

有効成分を常に新鮮に保ったまま使用できる

今まで実現が難しかった有効成分の配合が可能に

頭皮環境の正常化に不要な成分を排除できる

では通常の育毛シャンプーと生シャンプーの違いはどこにあるのでしょうか?1番大きく違う点は有効成分を常に新鮮な状態を保ったまま使用できるところです。

現在販売されている育毛シャンプーには頭皮環境を正常化するために多くの有効成分が含まれています。

しかしそれら育毛シャンプーの中には時間が経つにつれて劣化・酸化することで、頭皮環境に十分な効果を与えるどころか悪影響を与えるものに変化するものもあります

育毛”生”シャンプーは配合成分が変質しないように様々な工夫をすることでリスクを回避しつつ、頭皮や髪の毛へ有効成分を新鮮なまま供給することを可能にしたのです!

メリットその① 有効成分を常に新鮮に保ったまま使用できる

1番の違いは有効成分の鮮度です。いくら有効な成分を多く配合していたとしても、1度使用してしまうと空気に触れるため時間の経過とともに酸化し、劣化してしまいます。

成分によっては劣化するだけでなく別の物質に変化してしまい、酷い場合は頭皮のかゆみや炎症、抜け毛の原因になる場合もあります。そうなるとせっかく有効な成分を配合したとしても意味がないですよね?

しかし生シャンプーは違います!成分の酸化を防ぐことでシャンプーの変質を避け、常に新鮮な状態で高配合の有効成分を頭皮や髪の毛へ届けることができるので頭皮トラブルのリスクを避け、より効果的に働きかけてくれるのです!

メリットその② 今まで実現が難しかった有効成分の配合が可能に

育毛シャンプーを使用するからには、より効果のある商品を使いたいですよね?酸化を防止した生シャンプーにすることで、より多くの有効成分の配合が可能になったのです!

そのため、これまで配合を諦めてきた植物オイルや生花エッセンス、さらには髪の毛の生成に必要なビタミン類などの配合が出来るようになり、しなやかで香りの良い仕上がりを実現するだけでなくビタミンや保湿成分など頭皮や髪の毛に有効な栄養素を高品質の状態で浸透させることも可能にしたのです。

メリットその③ 頭皮環境の正常化に不要な成分を排除できる

これまでの育毛シャンプーは酸化して品質を落とさないために頭皮や髪の毛の状態を悪化させる可能性がある酸化防止剤や防腐剤などを配合していたことをご存知でしたか?

生シャンプーは酸化による成分の変質を防ぐ必要はありますが、酸化防止剤や防腐剤を一切使用していないので安心して利用できます!

これまでの育毛シャンプーは酸化を防ぐためにBHTやBHAなどの酸化防止剤やパラベンや安息香をはじめとした防腐剤を配合することで育毛シャンプーの品質を保ってきました。

しかし育毛生シャンプーは酸化を防ぐ専用ディスペンサーなどの開発により、鮮度を保ったまま継続して利用することができるので、酸化防止剤や防腐剤を配合する必要性がなくなったのです。

健康的な頭皮環境を形成するために余計な酸化防止剤や防腐剤を使用しないので、生シャンプーのほうがより本来の育毛シャンプーとしての機能を十分に発揮することができますね!

生シャンプーの品質を保つためには保存方法が鍵になる

生シャンプーは酸化してしまうと全く効果がないので保存方法が非常に重要です!

そのため生シャンプーを真空容器に入れ、使うタイミングで直接酸化防止ノズルを差し込む容器が開発されたり、保管方法を工夫するなど高配合された有効成分を少しでも多く届ける努力が現在も引き続き行われています。

特に酸化防止ノズルを差し込む容器は真空容器を詰め替えるだけなので見た目がスタイリッシュなだけでなくエコの観点からも非常に人気が高まっています。

これからは育毛シャンプーは冷蔵庫で保管するのが常識!

育毛シャンプーの本質は健康的な頭皮環境に整えることです。そのためにはいかに有効成分を高品質なまま頭皮や髪の毛へ届けることが出来るかが大事です!

最近ではこれまでのディスペンサーを工夫していたものに代わって保管方法や使用方法に制限を加えることで効果的な育毛生シャンプーを実現している商品があります。

その代表的な商品がSORAスカルプシャンプーGOLDです。

無農薬飼料を使用し、大自然の中ストレスなく育てられたキルギス産馬の希少なプラセンタエキスを高配合した上にミノキシジルの3倍の育毛効果が期待されるキャピキシルも配合しているということで効果に期待が持たれています!

SORAスカルプシャンプーGOLDはディスペンサーは従来のものを使用しているため酸化させないために冷蔵保存、つまり冷蔵庫で保存する必要があります

品質管理の面でもネット販売により配達される商品もクール(冷蔵)便で届けられるという徹底ぶりです!

従来の酸化させない方法として容器を改良するのではなく保管方法や使用方法を制限するという新たな試みで、これまでディスペンサーにかけていたコストをお客様へ還元できるため生シャンプーであるにも関わらず比較的安価に購入することが出来るというメリットも生まれています。

また一見シャンプーなのに「え?冷蔵庫で保管するの?」とビックリすると同時に「いちいちシャンプーの度に冷蔵庫から出し入れするのは面倒だな…」と感じた方いらっしゃいますよね?

大丈夫です!最大3日分使用できる量をバスルームへ持ち込めるミニボトルも付属しているので、本体だけ冷蔵庫で保管しておけば問題ありません

これからは育毛効果が期待ができる成分を多く配合したシャンプーは育毛生シャンプーだというのが常識になるでしょう。有効成分が新鮮な状態で高配合になれば頭皮環境は効率的に正常化し、発毛への土台作りはよりスムーズなものになるでしょう。

生シャンプー以外にもオススメの育毛シャンプーを紹介しています
【育毛シャンプー おすすめ】で選んだシャンプーが抜け毛の原因?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で