【新常識】ハゲは毎日2パック納豆を食べれば改善できる!

亜鉛, 食生活

ハゲに悩むみなさん!育毛シャンプーや発毛剤は使っていても毎日の食生活までちゃんと気をつけていますか?

薄毛改善のために生活習慣の見直しは大事ですが、特に食生活は髪の毛にとって非常に大事です!

中でも納豆は髪の毛にとって大事な栄養素が凝縮しているハゲ対策イチオシの食材なので積極的に食べましょう!

ハゲ改善に納豆が選ばれる3つの理由

ハゲ改善のスーパーフード「納豆」ですがまさに髪の毛のためにあるような食べ物です!

特に納豆の原材料であり、髪の毛の成長に必要と言われている大豆には大豆イソフラボンが含まれています。

薄毛改善のために納豆をおすすめする3つの理由がこちらです!

【納豆がハゲ改善に適している3つの理由】

大豆イソフラボンが男性ホルモンを抑制する!

② 健康な髪を維持するために欠かせないアミノ酸が多く含まれている!

亜鉛などのミネラルで抜け毛も予防する!

大豆イソフラボンが男性ホルモンを抑制する!

一般的に薄毛に悩む人口は男性のほうが圧倒的に多いですよね?それは男性ホルモンの量が関係しているからなんです!

女性にはエストロゲンという女性ホルモンがあり、それと同じような働きをする大豆イソフラボンには男性ホルモンを抑制する効果があると指摘されています。

男性ホルモンは体内で脱毛ホルモン・ジヒドロテストステロンに変化することで抜け毛を発症しているので、納豆は薄毛になりにくい体質にしてくれるのです!

髪の毛を構成するためのアミノ酸が豊富に含まれている!

髪の毛の9割以上がケラチンというたんぱく質で構成されています。納豆はそのケラチンを作るために必要なアミノ酸を豊富に含んでいます

納豆は大豆が原材料なので植物性たんぱく質の宝庫とも言われ、一方でケラチンはアミノ酸を再配合して生まれます。

つまり納豆に含まれる豊富な植物性たんぱく質はケラチンに再配合されるアミノ酸の素になり、髪の毛を作り上げるのです!

亜鉛などのミネラルの力で抜け毛予防にもなる

アミノ酸だけでなくミネラルも髪の毛を作る上で欠かせない栄養素です。特に納豆には亜鉛が含まれています

亜鉛は体内で分解されたアミノ酸を髪の毛の主成分・ケラチンへ再配合するときに必要な栄養素で、同時に5αリアクターゼという酵素を抑制する作用があると言われています。

亜鉛は髪の毛を健やかに保つだけでなく、抜け毛予防にも効果的なんです!

ハゲないために大豆より納豆を食べよう!

「大豆イソフラボン入ってるからわざわざ納豆じゃなくて大豆でいいよね?」と思った人いませんか?

より効果を得たいのであれば納豆を食べることをおすすめします!

もちろん大豆でも同様に栄養素を摂取することは出来ますが、納豆をおすすめする1番の理由はその消化吸収率の良さです!

大豆に比べて納豆のほうがはるかに消化吸収率が良く、その分内臓への負担も減らしてくれます

また納豆といえばネバネバが特徴的ですが、そのネバネバに含まれる固有の酵素ナットウキナーゼもハゲ改善に役立っています。

納豆に含まれるナットウキナーゼは血栓の原因となるたんぱく質を溶かし、血液をサラサラにする働きがあります。

血流が良くなると、髪の毛へしっかりと成長に必要な栄養素を届けることができるので大豆より納豆のほうがいいんです!

納豆は1日に2パック食べるのがおすすめ!

「納豆は髪の毛に良いから毎食食べたら髪の毛のためになる!」と思いがちですが、それは逆効果です!

食べ過ぎると納豆に含まれるセレンという成分により脱毛症状を引き起こす危険があります!

セレンの過剰摂取は脱毛だけでなく胃腸障害や下痢、倦怠感、関節痛などさまざまな健康被害が報告されています

厚生労働省が発表した「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要」によるとセレンの推奨摂取量は成人男性で1日30マイクログラムとされています。

出典:厚生労働省/日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要 セレンの食事摂取基準

セレンは納豆ばかりでなく他の食物からも摂取することを考えると1パック50gの納豆であれば1日2パック食べれば十分な計算になります!

例えば朝食と夕食のそれぞれ1パックずつ食卓に取り入れるなど薄毛改善に役立てましょう!

食生活からハゲ改善を目指そう!

育毛シャンプーや発毛剤などを使用して薄毛改善を目指すことはとても有効です。

しかし体内環境を整えた上で使用すればさらに効果が期待できるのです!特に食生活は生活習慣の中でも重要な項目です!

「納豆はネバネバが苦手…」という人もいるかもしれませんが大根おろしを混ぜて食べるとネバネバは気にならず、しっかり必要な栄養素を得ることが出来ます。

消化のよい納豆を食べて薄毛や抜け毛に強い体内環境にしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で