M字ハゲの基準や進行具合、ハゲレベル、はげの前兆、M字ハゲを徹底分析

M字ハゲ, 生え際

M字ハゲの基準やM字ハゲの進行具合、ハゲレベルって気になりませんか?最近は若い人もM字ハゲで悩んでいる人を多く見かけます。もともとM字型っだった人もいれば、徐々に進行していった方もいることでしょう。

M字ハゲの前兆について知りたい方はこちらの記事をお読みください。

M字ハゲの判断基準 かゆみが出たらM字ハゲ進行のサイン

M字ハゲは生え際付近の前頭部の状況からでも発症を確認できますが、本当に自分がM字ハゲなのかどうかを判断するのは非常に困難なことです。
自分はまだM字ハゲになっていないから大丈夫だと思っている人も、もし前頭部の生え際付近にかゆみを感じる事が増えてきたと感じる人は要注意。

M字ハゲの前兆とも言われています。かゆみが発生するという事は、頭皮に何らかの異常をきたしているという事。頭皮からのSOSサインなのです。頭皮を観察してみて、炎症が起こっていないか、もしくは血行不良が起きている可能性が非常に高いと言えるでしょう。

M字ハゲになった人の多くは頭皮にかゆみを感じていたと答える人がほとんどですので、もしかゆみがある場合はその時点でM字ハゲの進行が始まりかけている、もしくはすでに進行しているのどちらかに当てはまってしまいます。

どの生え際のM字ハゲが最も危険?

M字ハゲはAGA(男性型脱毛症)という日本人男性で最も多い薄毛症状の代表的な症状です。
前髪のボリュームが減ってしまいセットができない。こめかみから剃りこみを入れたように薄毛が進行している人はAGAの可能性が大いにあり、最も危険なM字ハゲと言われています。

M字ハゲの進行はおでこの中心を基準に確認

M字ハゲの進行具合チェックはズバリ、定規を当てればスグわかります。あなたのおでこはどのレベルなのか?早速見ていきましょう。

M字ハゲの進行を測るには、生え際の中心を基準に定規を当てて鏡を見てみます。その定規のラインよりソリコミ部分がどれぐらい見えているかであなたの進行レベルが分かります。

どこが中心かピンとこない方は、富士額を思い出してください。日本では「富士額」は美人の条件なんて言われたりもしますよね。サザエさんのフネさんのアレです。この富士額の中心、おでこの生え際の中心に定規をあてて水平にやれば大丈夫です。その中心を基準にしてください。M字ハゲの基準について下記の関連記事も合わせてお読みください。

M字ハゲの進行レベル:見習い戦士

指2本分ほど見えている状態ならば、M字ハゲの見習い戦士です。M字ハゲに対して深く悩む段階ではないですが、すでにM字ハゲの進行が進んでいる恐れもあります。
今の状況であれば、育毛剤を使用したり育毛サプリをきちんと使用することでM字ハゲの改善はされていきます。M字ハゲの進行を防ぐための対策をしっかりと行い、これ以上のM字ハゲの進行を防ぎましょう。

M字ハゲの進行レベル:街一番の戦士

進行も大分進み、指が3本入ってしまう状態ならば中級の街一番の戦士レベルです。

M字具合も深くなり、周りの人からも少しずつM字部分を見られてきてしまいます。この段階ではすでにM字ハゲは進行している状態です。M字ハゲ対策を確実に行い、進行を抑えましょう。
M字ハゲを治すには、M字ハゲについて詳しく知ることが必須です。しっかりとした正しい知識を身につけて対策を行いましょう。

M字ハゲの進行レベル:歴戦の勇者


参照:Wikipedia

指が3本以上入ってしまう人はM字ハゲ進行の最終段階、歴戦の勇者レベルです。ここまでくると定規など使うまでもなく、誰の目から見ても明らかにM字ハゲであることが分かります。

育毛剤やサプリを使用してもM字ハゲの進行を抑制することしかできず、ハゲの度合いも日を追うごとに広がっていきます。おそらくAGAを発症している可能性が高いので、専門のクリニックへ行って治療を行うことがM字ハゲからの脱却の一番の近道です。AGAに発症すれば、M字だけでなく、頭頂部なども薄くなってしまいます。

少しでも早くAGAクリニックへ行くことをおススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。M字ハゲは定規を使わずとも判断レベルに行き着く前に早めの対処・対策を行っていきましょう。他にも多数M字ハゲに関する記事がありますので、良かったらチェックみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で