薄毛や抜け毛といった症状は本当にAGAなのか?

改善, 生え際

髪の毛をセットする時に思い通りのヘアスタイルが出来なかったり「最近髪の毛が薄くなってきたな、抜け毛も増えてきたし・・・」と感じることはありませんか?

これだけでは完全にAGAと決めつけるのは早計ですが、確実にハゲには近づいています。

薄毛や抜け毛を食い止めたいのであれば対策をしっかり行い、改善のためにまずは一歩踏み出しましょう。

薄毛や抜け毛はAGA予備軍の可能性あり

頭頂部の薄毛や抜け毛の増加はハゲるサインです。

特に生え際が薄くなったという人はAGAの可能性があるので注意が必要です。

AGAとは男性型脱毛症のことで、放置しておくと髪の毛は減り続け、5年も待たずに「ハゲ」てしまいます。

日本皮膚科学会のガイドラインが発表している「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」によると、20代以降の日本人男性のおよそ3人に1人がAGAを発症すると言われています。

(参照:日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」)

発症率は年齢が上がるほど高くなりますが意外と若い年代での発症率が高く、およそ10人に2~3人は20代や30代でAGAを発症するとも言われており、もはや人ごとではありません。

薄毛とAGAの境界線

AGAの場合は男性ホルモンの影響が大きいため、薄毛の進行は生え際やつむじに顕著に現れます。

しかし一見しただけでは単なる薄毛なのかAGAなのか判断するのは難しいです。

「つむじのボリュームがなくなってきたな、最近おでこが広くなってきた気がする、もしかしたらAGAなのかも・・・」と心配な人は、まずは自分が本当にAGAなのか知ることが重要です。

最近ではAGAかどうか自宅でカンタンにわかる方法に人気が集まっています。病院で高い費用を支払って検査するだけが全てではありません。

AGAは十分改善できる!普段の生活から私たちに出来ること

もしもAGAだった場合はお早めにAGAクリニックへ行くことをおすすめします。

安心してください!AGAは1日も早い対策で十分改善できます。

また薄毛や抜け毛の原因がAGAではなかったとしてもハゲ予備軍であることは変わりありません。

基本的にはライフスタイルの見直しや食生活、適度な運動が効果的だと言われています。

しかしそれだけでは頭皮環境を改善するためには不十分です。

薄毛や抜け毛に悩む多くの人に効果が高く、すぐに取り組めるものとして当サイトでは「育毛シャンプー」の利用をお勧めしています。

本当に自分に合ったシャンプーの見分け方を紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で