2018年薄毛抜け毛対策・AGA・増毛植毛の新常識⇒ふさふさ人気記事ランキング

植毛の値段は思ったほど高くない!意外と知らない自毛植毛の費用

植毛の値段は思ったほど高くない!意外と知らない自毛植毛の費用

現在植毛は薄毛治療において絶大な効果を発揮していて、薄毛に悩む人にとって大変人気のある治療法の1つになりました。一方で保険適用外のため患者が植毛費用を10割負担という高いハードルのために植毛に踏み切れない人が多いことも事実です。

でも実は植毛は他の治療に比べて比較的安く済ませることができる治療法って知ってましたか?

クリニックによって多少の違いはありますがキャンペーンや「植毛モニター割引といったさまざまな制度があり実質的な負担はかなり軽くなっています。髪の毛は一生付き合っていく相棒です。生涯かかる費用と考えたときに他の治療法と比べて最も安価な植毛の値段についてみていきましょう。

植毛にかかる経費にはどんなものがあるの?

現在施術されている植毛は自毛植毛が主流ですが、自毛植毛の基本的な値段はどうやって決まっているのかご存知の方は案外少ないと思います。またハゲのタイプによって「どのくらい(何本)植毛すればいいのか見当もつかない」という方もいらっしゃると思うので参考までに主な薄毛のタイプ別に必要と思われる植毛の本数を紹介したいと思います。

クリニックの施術法や個人によって差はあるので、あくまで植毛される際の参考になればいいなと思います。

自毛植毛の値段を算出する方法

自毛植毛の値段=基本料金(基本治療費、固定費)+植毛本数(グラフト数)×1本(1グラフト)あたりの料金 (1グラフトにおよそ2~3本の髪の毛が生えています)

おもに植毛の施術費用は「1グラフトあたり(1本あたり)にかかる値段」と「基本料金」で総額が決定するシステムです。クリニックによって料金設定は違いますが、最も植毛の値段に大きな差が生まれるのが植毛するグラフト数です。

【参考】ハゲのタイプ別自毛植毛の値段

必要なグラフト数は薄毛の程度や抜け毛の進行具合によって違います。広範囲になればなるほど当然必要グラフト数も多くなってきます。ここでは薄毛のタイプ別に必要グラフト数から推測される植毛の値段を算出してみたいと思います。

今回はあえて業界でも定価料金が高めに設定されているアイランドタワークリニックさん(もちろんその分、信頼と実績国内NO.1クリニックです!)を紹介したいと思います。あくまで参考値なので詳しくは各クリニックへお気軽に問い合わせてみましょう。

M字ハゲの場合

出典:アイランドタワークリニック/M字ハゲ前期
出典:タワーアイランドクリニック/M字ハゲ後期

 

おでこの生え際の薄毛に悩む方で、上からみた時にアルファベットの「M」の字に見える薄毛のタイプです。

後退具合によって植毛する範囲が変わってきますが、およそ400~1200グラフト(本数にして1000~3200本程度)必要になります。

O字ハゲの場合

出典:タワーアイランドクリニック/O字ハゲ

 

頭頂部が円形に脱毛してしまった状態、いわゆる「つむじハゲ」の代表的な例です。

この場合およそ1000~1500グラフト(本数にして2700~4000本程度)が必要になります。

U字ハゲの場合

出典:タワーアイランドクリニック/U字ハゲ

 

前頭部から頭頂部にかけて広範囲に脱毛してしまった状態で、上からみた時に髪の毛が残った部分がアルファベットの「U」の字に見えるタイプです。

植毛も広範囲にわたるのでおよそ2000~3000グラフト(本数にして5400~8000本程度)が必要になります。

実は自毛植毛が1番安く薄毛対策ができた

先程のタイプ別植毛の値段を見て「保険も利かないし、やっぱり高いなぁ」と感じた方がほどんどではないでしょうか?しかし実際は薄毛対策として自毛植毛を施術するほうが、かえって安く済ませることができるんです!

特に自毛植毛は他の対策に比べて主に1回施術すれば追加で何回も施術しなければいけないということはなく、自然なペースで抜けにくい髪の毛が場所を選ばず生えてくるので違和感なく薄毛を解消してくれます。

また安いとはいっても保険適用外の植毛。なかなか庶民には手が出せない金額・・・なんて消極的になる必要はありません!少しでも負担なく植毛に取り組んでもらえる裏技もいくつかご紹介しますので安心してください。

植毛以外のAGA対策にかかる費用を比較してみた

薄毛の中でも特に深刻なAGAの対策には定番のかつらから、医療用ヘアタトゥーと数多くの方法があります。髪の毛は一生共にするパートナーです。生涯かかる値段として考えたときに、植毛のほうが手離れがよく面倒なアフターケアがない分、安価に抑える事ができるんです。実際に他のAGA対策と比較してみましょう。

増毛

増毛とは自分の髪の毛に人工毛を数本結びつけたり、接着することによって毛量をアップする方法です。

人工毛の取り付けだけでなく、髪の毛の成長とともに人工毛を結びつけた位置がずれてくるのでメンテナンスが必要になってくるので、半永久的にメンテナンス料が発生してしまうデメリットがあります。

AGA治療

AGAは飲み薬や注射による治療や塗薬による治療など複数の方法が存在します。男性型脱毛症に影響しているジヒドロテストステロン(DHT)を抑制し、抜け毛防止とともに毛髪増量にも期待が持てます。

しかし副作用が出る可能性があるだけでなく、効果が減少していくなどリスクを承知の上で継続して取り組んでいかなければいけません。こちらも継続して長期間取り組んでいかなければならないため、その分のコストはかなりの負担になるでしょう。

かつら

患者それぞれに特注で仕上げたヘアセットを頭部に装着する薄毛対策のこれまでを担ってきたアイテムです。薄毛部分を一時的とはいえ瞬時に隠すことができ、ボリュームやスタイルも自分で決められ、自毛植毛のグラフトを採取することが難しい方や育毛剤などで効果のなかった方には効果的です。

ただしAGAの対策としては一生涯かつらを利用していくことになるので、作成した後のメンテナンス料金などを考えると最も高コストなアイテムです。

医療用ヘアタトゥー

医療用ヘアタトゥーは数年前に登場した比較的新しい方法で、医療行為として頭皮に色素(金属製の原料を使用しない安全なもの)を入れて毛穴があるかのように見せる手法です。

維持費はかからないものの、ヘアスタイルが基本的に坊主限定になってしまう点と髪の毛が伸びてくる根本的な治療ではない点がネックですね。

育毛剤

育毛剤のほうがコスパがいいと思っている方が多いのではないでしょうか?

そんなことはありません!1本あたりの値段は比較的安価で薄毛対策として最も手軽に始めることができますが、AGAに対して育毛剤はあまり効果が見込めず、中止すると効果がなくなることもあるため長期的にみた場合決してコスパがいいとは言い切れないでしょう。

 

対策法 諸経費 *1 生涯費用
自毛植毛 約100万円

(1回2000グラフトの植毛を行った場合)

200万円 *2
増毛 24万円 + メンテナンス料:8,000~2万円/月

(3,000本増毛した場合)

約224万円 *3
AGA治療薬 6,500円以上/月 312万円
かつら 20万円/年

(メンテナンス料金を含む)

約800万円
医療用ヘアタトゥー 約90万円

(頭部全体に施術した場合)

約90万円 (維持費なし)
育毛剤 5,000~1万円/月 240万円以上

*1 自毛植毛、AGA治療は最安値クリニックの値段 かつらはアデランスの料金設定を参考にしています

*2 植毛は複数回行うことで平均密度が増し、より満足度が高くなるので今回は2回分で見積もっています

*3 3ヶ月に1回、メンテナンスを平均値の14,000円で行った場合で算出しています

AGAの根本的な治療という点で比べると植毛が1番コスパが良いことがわかりますね!(医療用ヘアタトゥーは治療ではないため除外)

植毛の値段が最大半額以下に下がる裏技教えちゃいます!

植毛は複数回行うことで密度が高くなり効果的と言われていますが、1回の施術でも十分に満足してもらえるほど今は技術が向上しています。それでも「いや!1回の植毛でもまだまだ値段が高い!」という声が聞こえてきそうです。今回は特別に定価料金からさらにお得に植毛ができる裏技を教えちゃいます!

クリニック側としても1人でも多くの患者さんを救いたいということでかなり積極的にキャンペーンなど取り組んでいらっしゃいますが、おススメは「植毛モニター」です。条件次第では半額以下の値段で自毛植毛ができるんです!

これであなたも念願だった自毛植毛にトライできますね!

「植毛モニター」になる

植毛モニターとは広告やクリニックのホームページに体験談を寄せたり、実際に施術例として撮影され掲載されるモニターさんのことです。クリニックによって条件や割引額が変わりますが、基本的には3パターンあります。

  • 顔出しはNGで体験談を紹介する⇒割引率 10~20パーセント
  • 顔出しはNGで体験談と写真の掲載などOK⇒割引率  20~30パーセント
  • 顔出しOKで動画や広告にて体験談を紹介する⇒割引率 50パーセント以上

もしも顔がバレるのが嫌だという方でも十分割引を受けることができる条件もあるので、事前に確認しておくとかなりお得に植毛が出来るかもしれませんね!

クリニックごとに魅力的なキャンペーンが毎月あるので活用する

クリニックでは保険が適用できませんが、その分1人でも多くの患者さんを救いたいというクリニックさんの取り組みとして毎月様々な特別価格やトライアルキャンペーンを行っています。初回の手術限定や植毛の本数、人数限定で特別に安い値段で植毛できるなどクリニックによってほぼ月単位でバラエティに富んだキャンペーンを更新されています。

その内容はかなりびっくりするものばかりで珍しい例を紹介すると、全ての患者さんのお住まいの近所にクリニックがあるとは限りません。遠方から通院したいという患者さんを対象に交通費を全額返還するという太っ腹なキャンペーンを打ち出したクリニックが以前ありました。

また手術後は麻酔の副作用もあるため数時間は少しボーっとした感覚になりますが、さすがにその状態で帰宅するのは不安ですよね?まして遠方から来た方や車を運転してきた方にとってはかなり心配…そんな声に応え、宿泊費全額負担しますというキャンペーンを打ち出したクリニックも登場しました。あ、もちろんどこでもいい訳ではなくクリニックと提携しているホテルに限られてました。

さらには初めて手術を受けられる方限定で高額なキャッシュバックが受け取れるキャンペーンを発表したクリニックがあるなど、もはやキャンペーンのレベルを超えているといっても過言ではありません。

医療ローンサービスを利用して自毛植毛できる

いくら割引があるからと言って患者さんみんなが植毛の費用を現金一括で支払えるとは限らないため、クレジット決済は以前から利用できていました。

しかし最近では医療ローンサービス(メディカルクレジット)を利用できるクリニックが大手クリニックを中心に常識となりつつあります。

最大84回払いが可能なクリニックもあるので1ヶ月の支払いで比べると育毛剤にかけるくらいの費用で植毛が受けられるところもあるので患者さんにとってはかなり負担が少なくなっています。

「植毛=高額で手が出せない」のイメージはもう昔の話になった

以前までは有名人や一部のお金持ちの人でないと植毛は受けられないという時代もありました。しかし今は植毛モニターや各種キャンペーン、サービスなどで植毛の値段を引き下げた上で医療ローンサービスを適用することができるので植毛に対するハードルはかなり低くなったと思います。

クリニック側としては現在数多くのクリニックが国内に乱立する中で1人でも多くの患者さんを取り込むために実績を上げたいという思惑があり、そのためには自院の施術例をみてもらうことが新たな顧客獲得への近道と考えているようです。

事実、クリニックのホームページを見てみると実績があるクリニックは数多くの施術例を植毛モニターを利用して紹介しており、それにより多くの顧客を獲得しています。実績を積むことはより完成度の高い植毛を実現することにつながるのです。

患者さんはその動きをうまく利用してよりお得に植毛を受けることで長年悩まされてきた薄毛を解消することができるのです。

植毛は決して高くはありません!キャンペーンなどは毎月新しいものが発表されてるのでインターネットを利用してクリニックのホームページを随時確認することが大事です。あとは植毛が保険適用の医療行為として1日も早く認められる日が来ることを願うばかりです。

植毛モニターの予約が殺到!割引率を自分で選べる魅力的な制度とは?

植毛・増毛カテゴリの最新記事