髪の毛が生えない原因と、今日から出来る5通りの改善策

改善

髪の毛を生やすために一生懸命ケアしてるのに、なかなか毛が生えてこない…なんて感じてる方も多いはず。そもそもなぜ毛が生えるのかを知らなければ対処のしようがありません。まずは仕組みを理解し、原因を知り改善していきましょう。

髪の毛が生える仕組み

髪の毛は抜けては生えるを繰り返す「ヘアサイクル」が行われています。2〜5年かけて新しい毛が成長し、太く逞しく成長した毛は2〜3週間かけて髪の毛の成長を止めます。そこから2〜3ヶ月経つと完全に髪の毛が寿命を迎えて抜けて落ちていきます。

そこから新たな毛が生えてくるのです。このへんのヘアサイクルに関する詳しい説明はこちらを御覧ください。

髪の毛が生えない2つの原因

育毛剤も使ってるし、育毛シャンプーも使ってる…なのになぜ髪の毛が生えないのか。それは育毛アイテムの役割や原因そのものを勘違いしていることが原因なのです。

1.育毛シャンプーや育毛剤に関する思い違い

まず育毛シャンプーは毛を生やすものではありません。頭皮を清潔にし、頭皮環境を良くすることを目的とするものです。それから育毛剤についても勘違いしやすいですが、抜け毛を防ぎ今ある毛を育てることを目的としています。新しい毛を生やすことを目的としているのは「発毛剤」だけなのです。

ですから、完全に無くなってしまった髪の毛を生やそうとしてても使用しているものが間違っているのです。

2.薄毛や抜け毛の原因が間違っている

頭皮環境が原因の場合であれば、育毛シャンプーや育毛剤は効果的です。しかしホルモンバランスが乱れてしまっていることが原因ならば、育毛剤などでは対応しきれませんから毛が生えてこないのです。

髪の毛が育つ5つの方法

完全にハゲてしまっていない薄毛状態であるならば、まだまだ改善の見込みありです。育毛剤や育毛シャンプーを使用するのは当然なのですが、ホルモンバランスを整えるためにも以下の対策を紹介します。

1.栄養バランスの良い食生活を心がける

インスタントやジャンクフードなどは手軽で便利ですが、こんな食事ばかりだと栄養バランスが非常に悪くなるので、髪の毛に必要な栄養素が不足してしまいます。

肉や魚でタンパク質、牡蠣・チーズ・レバーなどで亜鉛を、大豆製品でイソフラボンを摂取することを特に心がけてください。健康な髪の毛が蘇っていきます。

2.生活習慣の改善

睡眠不足に過度な飲酒や喫煙、それから運動不足など乱れた生活習慣が血行不良を起こす原因です。どれだけバランス良い食事を心がけても栄養が髪の毛まで行き届かなければ何にもなりません。

夜遅くまでスマホを見てたりせずに早めの睡眠を心がけ、エレベータではなく階段を使うなど、日常生活を改善することでホルモンバランスも整っていきます。

3.正しくシャンプーする

爪を立ててゴシゴシしたり、しっかりと洗えていなかったりと、自分では当たり前だと思っていたシャンプの仕方そのものが間違っている場合があります。

シャンプーする前にしっかりとお湯だけで洗い、しっかりと泡立てたシャンプーでマッサージするように洗うことでしっかりと皮脂や汚れを洗い流し頭皮環境をととえていきましょう。正しいシャンプーの仕方についてはこちらで詳しく解説しています。

4.頭皮マッサージを行う

頭皮は以外と固くなりがちです。しっかりと頭皮をマッサージすることで頭皮を柔らかくして血流を良くすることは髪を生やす上でとても重要な項目です。

毎日マッサージすることは面倒だと思うかもしれませんが、地道な努力が髪の毛を生やす第一歩となるのです。

5.AGA専門クリニックに相談

これはもう最終手段ではありますが、専門のクリニックで相談することも一つの手です。専門のクリニックは費用がかかりますが、無料のカウンセリングがありますので「育毛剤を使ってるけど毛が生えない…」なんて悩みでもしっかりと相談にのってもらえます。全国にたくさんの店舗を持つこちらのクリニックなどを利用してみてはいかがでしょう。

まとめ

以上、髪の毛を生やすための5つの対策を紹介しましたがいかがだったでしょうか?薬に頼るだけでは充分な結果は望めません。しっかりと日常生活を見直し、ホルモンバランスを整えることで確実に髪の毛を取り戻していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で