効果がある育毛剤は一週間で効く?即効性のある育毛剤とは

2018年11月28日フィナステリド, ミノキシジル, 副作用, 改善

より即効性のある、本当に効果がある育毛剤を使って、1日でも早い薄毛改善を望んでいる方は、本当に効く育毛剤は存在するのか、育毛剤の逆効果も合わせてこの記事をお読みください。

本当に効果のある育毛剤はあるのか

本当に効く育毛剤はあるのでしょうか?結論から言うと、本当に効く育毛剤はあります。

ただし、薄毛の状態によっては効果を感じられない人もいるのも事実です。

育毛剤を使って期待できる効果は、発毛促進効果・育毛効果・脱毛予防効果の3つ。特に感じられた効果としては「抜け毛が減った」「髪の毛にボリュームが出てきた」「コシやツヤがでてきた」などの声が多いです。

また、育毛剤が効き始めたと実感を感じる期間は、早い人で使用から3か月、平均的には約半年かかると言われています。途中であきらめずに地道に育毛剤を使い続けることが本当に効く育毛剤へ出会う一番の近道と言えます。

本当効く効果がある育毛剤を使っても1日2日で髪の毛が生えてくることはなく、使い始めて3ヶ月頃から効果が現れて、はじめて本当に効果がある育毛剤、即効性がある育毛剤だと言えます。これを基準に効果がある育毛剤かどうかを判断すべきです。

早速効果ある育毛剤を知りたい方はこちら。

効果ある育毛剤と全く効かない育毛剤の違い

いくら世間で効果のある育毛剤を使っているとしても、誤った使い方をしていたり、育毛剤の効果に対して誤解をしている場合は、全く効かない育毛剤に様変わりしてしまいます。
その原因としては、大きく4つ。

1.育毛剤の試用期間が短い

髪の毛には毛周期というものがあり、古い髪の毛が抜けてから新しい髪の毛が生えるまで、約3か月かかります。この周期のように、最低でも3か月間は使用し続けないと、育毛剤が本当に効いているのかというのは分かりません。

長期的に育毛剤を使用し続けることで初めて育毛剤の効果を実感できるようになります。

2.頭皮に傷や炎症がある

頭皮の表面が傷ついていたりしませんか?この状態で育毛剤を使用すると、かゆみや腫れが生じ、逆に抜け毛の原因になってしまいます。もし頭皮が傷ついている場合は、先にその症状を治すことから始めましょう。そのためには、頭皮に刺激を与えないことが一番です。

育毛剤を使用する場合は、しっかりと自身の頭皮の状況を確認してください。

3.使用方法・使用量を守っていない

本当に効く育毛剤に出会うためには、決まった使用量を正しく使うことが最も大切です。購入した育毛剤の説明書に記載されている通りに使うことにより、その商品本来の効果を発揮します。

育毛剤によっては1日の使用回数や使用量が大きく変わる場合がありますので、しっかりと説明書を読んで理解したうえで使用をしてください。

4.症状に合った成分が含まれていない

一概に育毛剤と言っても、成分によって効果のある症状が大きく変わります。より多くの成分が配合されているほど多くの症状に効く可能性は広がりますが、円形脱毛症や薬剤性脱毛症などへの効果は全く見込めません。

しっかりと自分の症状に対して効果のある成分を理解したうえで自分だけの育毛剤を見つけましょう。

一つでも心当たりのある方はまずはこの原因を改善させることが先決。しっかりと万全の状態で育毛剤を使用しましょう。

次ページ:市販育毛剤の即効性がゼロな理由

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で