薄毛を改善しようと亜鉛を意識して摂取してもイマイチな理由

亜鉛, 改善

薄毛を改善させるためには髪の毛に必要な栄養素をたくさん摂り、それらをしっかり頭皮の奥まで届けなければいけません。

かといって普段の食事で亜鉛を十分摂取したところで、髪の毛がふさふさになる訳ではありません。

こちらの記事では薄毛と栄養素について紹介します

まずは薄毛改善の効果を高める成分が多い食材を知る

近年、髪の毛の成長にとって必要と言われている主な栄養素を紹介します。

  • 亜鉛
  • イソフラボン
  • リジン
  • アルギニン
  • L-システイン

よほど栄養学に博識でない限り、あまり聞き馴染みのないものが多いと思います。

実はこれらは髪の毛にとって重要な栄養素にも関わらず、普段の食事では十分に摂取するのが難しいものばかりです。

亜鉛、イソフラボンは特に重要

上記の中でも特に亜鉛・イソフラボンは髪の毛の成長にとって、なくてはならない栄養素です。

亜鉛は健康的な髪の毛を育てる3大栄養素の1つ“たんぱく質”を髪に合成する際に必要で、髪の毛に栄養を運ぶという重要な役目も同時に担っています。

また女性ホルモンと似た作用を持つイソフラボンは人為的に女性ホルモン効果を生み出し、脱毛ホルモンの悪影響を低減する効果が期待されています。

髪の成長だけでなく特に抜け毛の抑制を望むのであれば欠かせない栄養素だと言えます。

亜鉛を含む食物をまとめたものがあるので参考にして摂取してみてください。

薄毛を改善する食材は頭皮だけに作用するものではない


当然の話ですが、薄毛を改善するために亜鉛などの栄養素を摂取したとしても必ずしもその全てが頭皮へ届けられる訳ではありません。

亜鉛は体の成長・発育に必要なだけでなく、傷や病気の早期回復、味覚を正常に保つ働きも持っています。

もちろん亜鉛を意識的に適量摂取することは無駄ではありませんが、決して効率の良い補給とは言えません。

つまり「食材だけで必要栄養素を補おう」という考えは難しく、同様の理由でサプリメントによる効果もあまり期待できないでしょう。

育毛シャンプーで亜鉛を頭皮に直接浸透させる

亜鉛をはじめとした髪の毛に必要な栄養素を効率よく届けるためには、直接届けるのが1番です。

つまり毎日使うもので、直接頭皮に働きかけるシャンプーに必要栄養素を配合していれば最も効率が良いのです。

最近の育毛シャンプーは低刺激な洗浄力だけでなく、髪の毛に必要な栄養素を多く配合するようになりました。

食材による栄養補給はあくまでもサブとして行い、できるだけ効率のよい育毛を目指していきましょう。

髪の毛に必要な栄養素を配合した育毛シャンプーだけをまとめたものがあるので、気になる方は参考にしてみてください。

https://k2323.info/2356

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で