AGAの原因と改善・治療方法について

ジヒドロテストステロン, 改善, 治療

30代になると約20人に1人はAGAを発症します。加齢と共にAGAになる男性は多いです。

しかし、加齢自体がAGAの原因ではありません。

ご自身の頭皮の状況についての理解を深め、原因を見つけて最善の治療を行いましょう。

AGAの原因


AGAは一般的に30代から50代の中年男性に多くみられる症状ですが、最近では若い思春期の男性にも見られています。

AGAは進行性の為、何もせずに放っておくと、徐々に進行し薄毛や抜け毛が目立ってきます。したがって、AGAの進行を抑えるためにもその原因をしっかり把握して対策をとることが重要です。

ヘアサイクルの乱れ


髪の毛には、寿命が存在します。伸びては抜け、また新しい髪の毛が生えるという繰り返しです。髪の毛が生まれて太く長くなるまでを「成長期」といい、成長が停止することを「退行期」と言います。

また、次の新しい髪の毛が生えてくる為の準備期間を「休止期」といい、これらのサイクルを繰り返すことで髪の毛の本数は保たれています。

しかし、AGAを発症すると、「ジヒドロテストロン(DHT)」という男性ホルモンの一種が高濃度になり、このホルモンが過剰分泌されることにより、ヘアサイクルを短くし、悪循環にさせてしまうのです。

そのため、太く長い髪の毛になる前に抜け落ち、次の髪の毛が生えるまでに多くの期間を要することになります。

AGAと遺伝の関係


以前から、祖父母がはげていると、将来的に自分もはげるという言い伝えがありましたが、これはあながち間違いではありません。

近年の研究により、薄毛の原因と考えられる原因遺伝子がいくつか報告されました。

どの遺伝子がAGAに影響を及ぼしているのかまでは一概には言えませんが、こうした発見から、少なからず遺伝子による影響はあると考えられます。しかし、必ずしも発症するとは限りませんので、適切な治療を受けることにより薄毛の改善を行うことが大切です。

AGAとストレスの関係性は?


最後に、薄毛の原因として頻繁に出される噂が「ストレス」です。ストレスは、髪の毛以外にも、様々な病気の原因となり、もちろん頭皮にも大きな影響を与えます。

ストレスが引き起こす自律神経やホルモンバランスの乱れにより、育毛に悪影響を及ぼします。

また、コラーゲン不足も引き起こし、毛母細胞が減少、毛髪の成長自体を妨げてしまいます。

ストレスを感じない生活を送ることはほぼ不可能ですが、自分なりのストレス解消法を見つけてコントロールできるようになるだけでも、大きく変わってきます。

AGAの改善は基本的にクリニック


AGAは進行性の病気ですが、専門のクリニックで生活習慣の改善など、総合的なケアによって治療をすることができます。

ご自身で改善させるために、市販の育毛剤などを使っている方もいらっしゃいますが、自己流のAGA改善対策は、頭皮のかゆみや抜け毛を招く恐れがあります。ですので、基本的にはAGAに発症した場合、専門の医療機関やクリニックで治療を行うことが最善の策だと言えます。

クリニックなどでの治療方法は、基本的には「投薬治療」になります。AGAの進行を抑える効果があるとされる「プロペシア」や「フィナステリド錠」という内服薬を服用することにより、AGAによって起きる抜け毛や薄毛をなくしていきます。

AGA専門のクリニックは全国にあるので、少しでもAGAに不安材料がある方は、一度しっかりとした受診を受けてみるのが良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で