薄毛の原因は年齢じゃない!本当の原因と対策について教えます

改善, 薄毛の原因

日本人男性の30代のおよそ5人に1人、40代になると3人に1人はAGA(男性型脱毛症)をはじめとする薄毛に悩んでいると言われています。

しかし年齢自体が薄毛の原因ではありません。

ご自身の薄毛や抜け毛具合についての理解を深め、原因を見つけましょう。

薄毛の原因

AGAをはじめとする薄毛には

  1. 男性ホルモンから起こる薄毛
  2. 血行不良から起こる薄毛
  3. 精神的ストレスから起こる薄毛
  4. 外的要因から起こる薄毛

の4種類がありますが、それぞれどのようなことが原因で起こるのか解説していきます。

1.男性ホルモンから起こる薄毛

薄毛の原因として1番考えられているのがホルモンバランスの乱れです。

男性ホルモン「テストステロン」が体内で脱毛ホルモンへ変化することでAGA(男性型脱毛症)を発症すると言われています。

テストステロンは年齢に関係なく男性であれば誰でも持っているホルモンなので、薄毛に年齢は関係ないのです。

万が一AGAの場合はまずは病院へ相談することをおすすめします。

ご自身がAGAかどうか知る方法として、現在は簡単に検査できる「ワンコインAGA診断」に人気が集まっています。

2.血行不良から起こる薄毛

血行不良による薄毛で最も多い症状が抜け毛の増加です。

髪の毛が成長するために必要な栄養分は血液によって毛根まで運ばれます。

しかし血行不良が起こると、毛根へ十分な栄養が届けられず髪の毛は痩せ細くなり、抜け毛は増え、自然と薄毛は進行していきます。

冷え性や喫煙、運動不足は血行不良の原因になるので注意が必要です。

3.精神的ストレスから起こる薄毛


もちろんストレスによる症状によっても薄毛は進行します。

仕事や対人関係によるストレスにより睡眠時間が不十分になったり、食生活が乱れることで薄毛は進行します。

最近特に多いのが薄毛を気にし過ぎることによるストレスです。

“薄毛を気にする→ストレスになる→薄毛が進行する→薄毛を気にする・・・”という悪循環で薄毛はどんどん進行します。

正しい薄毛対策さえ抑えておけばこの負のループから抜け出すことが出来るので、まずは自分の薄毛の原因をしっかり理解しましょう。

4.外的要因から起こる薄毛

頭皮に紫外線を過度に浴び続けると、頭皮の日焼けによる炎症や髪自体にダメージを受けてしまいます。

1日に夏場であれば木陰で30分、冬場でも直射日光で1時間程度を目安に気をつけましょう。

また薄毛の原因は頭皮が汚れているからだと1日に何度もシャンプーを行うことも逆効果です。

皮脂は頭皮を守る機能を持っていますが、過度のシャンプーにより皮脂はしっかり洗い落とされてしまいます。

結果、頭皮は無防備な状態になるため抜け毛はどんどん増えてしまいます。

シャンプーを必要以上に行ってはいけない理由についてまとめたものがあるので参考にしてみてください。

遺伝による薄毛の原因はない

「おじいちゃんがハゲていたから自分もハゲてしまう」という噂はウソです。

遺伝するのはあくまでもハゲではなく、ハゲやすい「体質」が遺伝するのです。

自分はどんな体質か?を知ることで薄毛対策も大きく変わります。

リーブ21の技術が結集したAGA診断を利用すれば、ご自身の遺伝的な体質もわかるので参考にしてみてください。

薄毛の改善は基本的に「生活習慣の改善」

先述の薄毛の原因の改善に共通して言えることは、まずは生活習慣を見直すことです。

睡眠時間や食生活、運動や喫煙習慣など自分では気にしていなかった生活習慣が案外、髪の毛や頭皮へダメージを与えているかもしれません。

薄毛にならないための生活習慣をまとめたものがあるので、ご自身の生活習慣をチェックしてみてください。

加えて「正しい育毛シャンプーの導入」もおすすめ

生活習慣を見直すことも大事ですが、その一方で「間違ったヘアケアを行ってしまう」ということも注意しなければいけません。

特にシャンプーの回数を必要最低限に抑えることはできたとしても、肝心の使用しているシャンプーが育毛シャンプーでなければ意味がありません。

なので当サイトでは正しい育毛シャンプーを選ぶことをおすすめしています。

シャンプーは毎日使用するものです。間違ったシャンプーは頭皮の汚れを落とすばかりか、かえって髪の毛や頭皮へダメージを与えています。

普段使っているシャンプーを育毛シャンプーと呼ばれるものに変えるだけなので、1度試してみる価値はあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で