2018年薄毛抜け毛対策・AGA・増毛植毛の新常識⇒ふさふさ人気記事ランキング

植毛はもう痛くない!植毛は安全・安心の施術に生まれ変わった

植毛はもう痛くない!植毛は安全・安心の施術に生まれ変わった

薄毛治療の中でも最終手段と言われている植毛。植毛は医療行為のため当然麻酔薬も使うし、手法によってはメスを使うなど「痛い」というイメージが先行しがちです。でも安心して下さい!現在植毛の技術は以前に比べると格段に向上し、クリニックのレベルも高いため植毛=痛いというイメージは過去のものになりました

それでも不安に思うのが人間…ということで今回はあなたの植毛に対する「痛い」というイメージを払拭する内容をまとめてみました。

植毛手術中は痛みは感じない

植毛手術では、局所麻酔を打つので、術中の痛みを感じることはほとんどありません。手術自体も当日に行われ、入院もなく日帰りなので、術後の倦怠感はあるものの植毛自体の痛みはあまり感じません

中には麻酔薬が効いていて眠っている間に全部終わっていたという人もいるくらいです。

植毛中は麻酔薬を使用するので痛みを感じない

植毛中は麻酔薬を使用します。中でも局部麻酔を使用することが多いのですが施術中に痛みを感じることはほとんどなく、むしろ麻酔薬のために施術中に眠ってしまい起きたらすべての施術が終わっていたという人も少なくないようです。

不安な方は植毛手術前に行われる無料のカウンセリングの時に相談することができるので、あなたに1番適した方法をクリニックは親身になって選んでくれるので安心です。

施術が終わった後は倦怠感を感じる場合はある

植毛中は痛みを感じないとして、終わった後に痛みを感じることはないのだろうか?と心配される人もいるかもしれません。結論から言うと施術後、麻酔薬による倦怠感を感じることはあっても痛みを感じることはほとんどありません。そのため術後はしばらく安静にし、落ち着いた頃合いをみて帰宅することができます。クリニックによっては施術後ゆっくり休んでもらいたいとの思いで宿泊施設をサービスの一環で手配してくれるところもあります。

万が一植毛手術をした後に痛いと感じる部分があるとすれば、後程紹介するFUT(ドナーストリップ法)を選択した場合です。その際は術後、後頭部が張るような違和感や痛みを感じることがありますが最近はパンチグラフトやニードル式、FUE(ロボット植毛)などが主流になので、メスを使わない術式のため痛みを感じることはないでしょう。

今は痛くない植毛「自毛植毛」が主流になっている

植毛の種類は大きくわけて人工毛植毛自毛植毛の2種類があります。植毛は医療行為です。髪の毛も当然大事ですが安全性を最優先に確保した上での施術を各クリニックは日々目指しています。

患者さんへ身体的負担を出来る限りかけたくないというクリニック側の配慮から現在では自毛植毛がメインの植毛法となっています。以前まで頻繁に行われていた人工毛植毛は患者さんへの負担がとても大きく、「植毛=痛い」という悪いイメージがついてしまった大きな理由は人工毛植毛によるものなんです。

人工毛植毛をおすすめしない理由

人工毛植毛では、ナイロンやポリエステルなどの科学合成繊維が使われることが最大の特徴です。メリットとしては、好きなだけ髪を増やせることや、植毛直後からボリュームを体感できるといったことが挙げられます。

しかし人工毛は一度頭皮に植え込んでしまうと成長することは当然ないので、万が一人工毛の根元にゴミが付着してしまうと不潔な頭皮環境になる場合があります。加えて炎症を起こしたり、化膿する危険性、さらには体内に人工毛=異物が混入することになるので拒絶反応を起こすこともあります。

拒絶反応を起こすと皮膚の表面上のダメージはもちろん、それに伴うかなりの痛みが発生するためおすすめできません。「植毛=痛い」というイメージを持っている人の大半はこの人工毛植毛のためだと思いますが、現在は人工毛植毛を勧めるクリニックはほとんどないので安心してください。

植毛の主流は安心・安全な自毛植毛

一般的にどのクリニックでも採用されている植毛手術は大きくわけて人工毛植毛と自毛植毛の二つに分かれていますが、安全面を考慮した自毛植毛が主流になっています。

自毛植毛は自分の毛根を採取し、薄毛の部分に植え替えるという術法なので自分の髪の毛が半永久的に生えてくるので拒絶反応をはじめ身体的な負担は一切ありません。

自毛植毛最大のメリットは患者さんへの身体的負担がほとんどないことです。術中は麻酔薬で心地よく眠ってしまい、目が覚めたら植毛が終わっていて、術後も痛みを感じることはなかったという人がかなり多くなってきました。つまり終始痛みを感じる間もなく植毛を終えることが出来るので自毛植毛はおすすめです。

クリニックの努力で「植毛は痛い」というイメージがなくなった

最近のクリニックは以前に比べて格段にレベルが向上しました。医師の技術力だけでなく、クリニックに携わるスタッフや施術に臨む植毛環境についてもかなり高い水準に達しています。

人工毛植毛を選択していた頃はもちろん、自毛植毛の中でもメスを使い頭皮ごと毛根を採取するFUT(ドナーストリップ法)を行っていた頃はたしかに「植毛は痛い」というイメージがありました。仮にFUT(ドナーストリップ法)を選択した場合でも、クリニックは施術数を重ねたことにより現在は最適な麻酔薬の使用量を把握しているので昔のように術中に麻酔が切れるということもなくなりました

技術の向上もそうですが、患者さんに1番負担のない方法をカウンセリング時に丁寧に説明してくれるので精神的にも安心感を感じることができます。クリニックとしては仕上がりはもちろん安全面を第一に植毛を行っています。少しでも不安に思うことは全てカウンセリングの時に親身になって聞いてくれます。遠慮することなくどんどん聞いておきましょう。

「植毛は痛い」は完全に過去の話になりました。また無料のカウンセリングに出かけてみて、植毛に対する不安をさらになくすことで安心して植毛に挑戦しましょう。

植毛・増毛カテゴリの最新記事