育毛剤に効果がないと誤解されている3つの理由

改善, 頭皮

どんなに優秀な育毛剤を使っても、これまでイマイチ効果を感じなかったのは頭皮状態に原因があるからです。

せっかく高いお金を出して育毛剤を購入しても、効果がなかったと後悔しないためにも、まずはご自身の頭皮がどんな状態なのか知っておきましょう。

育毛剤を使っても効果が出にくいと感じる3つのパターン


効果を感じなかった理由として、これまで使ってきた育毛剤が決して不良品だった訳でも、質が悪かったという訳でもありません。

育毛剤で効果を感じなかったという人は次のいずれかに当てはまっていた可能性が高いと思われます。

原因を知って育毛剤の効果をより引き出しやすい体質にしましょう。

血行不良

効果を感じなかったという人の多くが頭皮の血行不良である可能性が高いです。

頭部が血行不良になっていると、どんなに有効な成分が毛母細胞を活発化させても髪の発育に必要な栄養素が十分に行き渡らないので発毛は望めません

頭皮の血行不良を改善するためにはシャンプー後の頭皮マッサージや適度な運動を行うことで新陳代謝を上げる努力が必要です。

ただし運動後、汗をそのままにしておくと毛穴に皮脂汚れが詰まる原因になるのでしっかりケアしておきましょう。

抜け毛をカバーできていない

せっかく効果があらわれて、発毛自体はしていても抜け毛の量が多いために効果がないように見えるケースもあります。

育毛剤を使っているにも関わらず抜け毛の量が全く減らないという方は抜け毛予防対策を同時に行うことが必要です

ノコギリヤシ配合の育毛シャンプーや育毛剤を使ったり、クリニックにてAGA治療薬で有名なプロペジアの処方を検討したほうがいいでしょう。

ただしプロペジアは副作用の可能性が捨てきれないため使用される際は医師の説明をしっかり効いてから服用するようにしましょう。

毛母細胞が死滅している

髪の毛の元となる毛母細胞が死滅していては、発毛しようがないので効果がないように感じるでしょう。

薄毛部分の頭皮の色が顔の皮膚のようになっている場合や、髪が抜け始めてから5年以上経っていて今だに発毛が見込めない場合は毛母細胞が死滅している恐れがあります

健康的な頭皮の色は一般的に青白いと言われていますが、赤~肌色の頭皮であれば現段階では植毛が最も有効な手段だと言われています

時間と費用こそかかりますが改善への最短ルートなので焦らずじっくり治療していきましょう。

育毛剤の効果を疑う前にまずはAGA診断で現状を把握しよう


現在育毛剤と一言で言っても多数ありますが、最初から効果がないものは1つもありません。

効果がないと誤解していた大きな理由は自身の頭皮状態にありました。

しかし、外見からは頭皮の健康チェックを判断するのは難しいです。

当サイトではご自宅にいながら頭皮状態だけでなく抜け毛の原因を知ることができる「AGAワンコインチェック」をおすすめしています

それぞれにあったベストのヘアケアが見つかると好評で、お忙しい方には通院の必要もないので特に喜ばれています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で