『帽子を被ればはげる』伝説に終止符!帽子内環境研究会が発表した衝撃の結末

ハゲ予防, 頭皮

『帽子を被ればはげる』伝説に終止符!帽子内環境研究会が発表した衝撃の結末 アイキャッチ画像

帽子を被るとはげるよ。昔から母にもそう言わていましたが、実際そうなのでしょうか?なんとそんな都市伝説に本気で向かい合い研究するために発足した「帽子内環境研究会」。

今回はその研究の末に導かれた研究結果がどうだったのかをご紹介したいと思います。

帽子を被ってもはげる訳ではない

ハゲないことに大喜びの男性イメージ

結論から言うと、帽子を被っても被らなくても頭皮の血行に影響を及ぼさないとのこと。ということは薄毛に影響を及ぼさないということです。

この「帽子内環境研究会」は2016年1月に、名のある医大の教授や博士たち3名によって創設されました。そもそものきっかけは、不安げに「帽子を被るとはげる」と質問してくる人が多かったためだといいます。

研究によると、帽子を被った場合の帽子内の温度や湿度は30分ほどで急上昇。そのまま高い数値を維持するのだそう。まるで熱帯雨林気候のような状況になってしまうそうです。

そんな帽子内の森林は熱帯雨林気候といえども、その大地である頭皮の血行自体に変化は見られなかったそうです。

帽子を被ると雑菌の温床に

熱帯雨林のイメージ

しかし、帽子の中身は熱帯雨林気候の状態なので温度と湿度が高い状態です。ですのでその状態だと雑菌の繁殖を手助けしてしまう形になってしまうようです。

この雑菌が原因で頭皮に炎症が起きてしまうなどのことが発生すれば、薄毛の原因になってしまう可能性はあるそうです。

帽子内環境研究会が発表した結論に対しての対策が予想外

名のある医学者の方々であることが逆に思いつかなかった原因なのかもしれませんが、帽子内環境研究会が発表した対策は以下の通り。

  • シャンプーをしてキチンと汚れを落とす
  • トリートメントをしましょう
  • 頭皮を健康にしましょう
  • 洗いすぎると頭皮を痛めるので注意です
  • 食生活を見直しましょう

驚くぐらい普通の育毛対策内容です。せっかく帽子との因果関係の研究なんですから、対策も帽子に関する対策を論じて欲しいものですよね?「こんな素材の帽子が良い」とか「〇〇分おきに帽子を脱いで温度を下げる」みたいな話だったら良かったのにビックリです。

まとめ

という訳で結論として「帽子を被っても頭皮をキレイにしていればハゲることはない」というお話でした。

帽子を被りっぱなしにしさえしなければ、はげを気にせずに帽子を被れそうですね。上手に帽子を活用していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で