「マクドナルドのポテトがハゲを救う」横浜国立大学が本気になった

改善, 食生活

出典:日本マクドナルド公式HP

「テレレッ♪テレレッ♪テレレッ♪」

―マクドナルドのポテトフライがハゲを治すかもしれない―

2018年2月に英紙「Daily Record」で報じられた衝撃のニュースに世界中のハゲが歓喜しました。

いまだに賛否両論あるこの新説ですが、どのようなものなのか当サイトの見解もあわせてご紹介していきます。

移植すると発毛する特殊な細胞塊の大量作製に成功した

ハゲに希望を与えてくれたのは横浜国立大学理工学部化学・生命系学科の福田淳二教授らの研究チームです。

福田教授らはマクドナルドの油には、油はねを防ぐために消泡剤としてジメチルポリシロキサンというシリコンの一種が入っていて、これが育毛・増毛に期待が持てると発表したのです。

実際にマウス実験の段階でジメチルポリシロキサンを使って大量に培養した毛包をマウスの背中へ移植したところ、新たな黒い毛が育ったというのだから驚きです。

日本でマックのポテトを食べても髪は増えない!?

アメリカやカナダのマクドナルドのサイトにはジメチルポリシロキサンの使用がはっきり明記されていますが、日本マクドナルドホールディングスに問い合わせたところ「ジメチルポリシロキサンは使用していません」(PR部)とのことでした。

加えてジメチルポリシロキサンはあくまで毛包の培養に効果的だったため、経口摂取したところで毛髪に影響があるのかは不明です。

少なくとも日本のマクドナルドでポテトフライを食べても髪の毛が増えるということはなさそうです。

将来マックのポテトがハゲを救う日が来るかもしれない

当サイトとしては現段階ではマックのポテトを食べたところで薄毛改善は見込めないと考えます。

しかし落ち込む必要はありません!

福田教授によると、これから5年ほどかけてヒトの細胞でもマウス実験と同じように成功するか試行錯誤を重ね、10年で実用化まで持っていきたいと考えているようです。

順調に研究が進めば、将来新たなAGA治療として活かされる日が来るかもしれません。

希望としてはやっぱり「マクドナルドのポテトを食べるだけで薄毛が治る」という方法がいいですね。おいしいだけじゃなく、髪も生えるなら最高ですよね?

当サイトでは引き続き福田教授の研究の進捗を見守っていきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で