AGAクリニックにいる毛髪診断士って実はすごい人だった

AGAクリニック, カウンセリング

AGAクリニックのサイトを見るとよく目にする毛髪診断士。

毛髪診断士は髪を生やすためになくてはならない人なんです。

そこで今回は毛髪診断士についてご紹介したいと思います。

AGAクリニックに在籍する毛髪診断士は髪の毛のエキスパート

毛髪診断士とは公益社団法人日本毛髪科学協会が認定した有資格者のことです。

主に髪の毛と皮膚についての正しい知識を普及するための活動をしていて、薄毛の専門医はもちろんパーマやカラーをしてくれる美容師さんや薬剤師さんの多くがこの資格を持っています。

2日間にわたる毛髪科学講習会を受講した後に厳しい認定試験に合格してはじめて毛髪診断士になれるのです。

大手AGAクリニックには必ず在籍している毛髪診断士のここがすごい

大手のAGAクリニックで毛髪診断士は主にカウンセリングを担当することが多いです。

いわば毛髪のスペシャリストである毛髪診断士は薄毛治療の下準備にあたる「診断」と「治療法」について適格な判断が出来るのです。

具体的に何がすごいのか詳しくみていきましょう。

スコープを使って髪の毛の的確に観察することができる

AGAクリニックではまず最初にスコープを使って頭皮の状態を詳しくみていきます。

ここで誤った診断をしてしまうと効果のない治療法を勧めてしまう可能性があるため、しっかりした知識と技術をもった毛髪診断士が必要になるのです。

ここで毛髪科学講習会で学んだ知識を総動員し、患者さんに最も適したアドバイスの提案を行うのです。

具体的な講習内容について公式サイトの内容を引用して紹介します。

1.毛総論

1)皮膚のしくみ
2)ヒトの毛の数、種類、分布と年齢変化
3)毛器官の構造
4)毛の色
5)毛の発生
6)毛周期
7)男性ホルモン
8)遺伝子異常による毛の異常
9)毛の役割

2.毛の損傷とヘア・ケア

1)物理的原因による毛の損傷
2)化学的原因による毛の損傷と皮膚の障害
3)ヘア・ケア
4)毛幹の性質

3.毛髪の疾患

1)異常毛 -毛幹の異常-
①毛幹の形態:直毛、くせ毛-波状毛、縮毛-
②形状の異常
③白点として見える付着物
④白髪

2)脱毛症 -脱毛ならびに頭皮の疾患-
①よりよい理解のための基礎知識
②脱毛症の分類
③脱毛症各論

4.毛髪診断

1)抜け毛の相談と観察
2)損傷毛の診断
3)毛髪診断の実際
4)頭皮の観察

5.香粧品

1)化粧品と医薬部外品
2)香粧品の配合成分
3)皮膚の洗浄剤
4)頭髪用化粧品
5)頭髪用医薬部外品

引用:毛髪診断士認定講習会 講習内容/公益社団法人日本毛髪科学協会

髪に関する幅広い知識を持っている

毛髪診断士として、より精度の高いアドバイスを実現しているのには理由があります。

毛髪診断士の認定期間は2年ですが、自動車の運転免許と違って更新する度に行われる「認定更新試験」というテストに合格しないと更新できません

そのため日頃から髪の毛について幅広い知識が求められるため、毛髪診断士としての知識の新鮮さと的確さを維持しているのです。

髪の毛に関する最新情報を常にアップデートしている

さらに毛髪診断士を対象に定期的に勉強会が開かれているので、常に髪の毛に関する最新情報を入手することが出来るのです。

薄毛治療は患者さんによって最も適した治療法というのは変わります。加えて時代の流れとともに技術は革新を遂げています。

患者さんにとってより最適な治療を行うために毛髪診断士は必要な存在なのです。

毛髪診断士が開発段階から参加した育毛剤に注目が集まっている

AGA治療において毛髪診断士の存在がいかに大切か伝わったと思います。

大手AGAクリニックがここ数年で高いお客様満足度を達成していますが、それを支えているのは毛髪診断士の活躍があるからと言っても過言ではないのです。

そんな髪の毛のプロである毛髪診断士が開発段階から参加し完成させた「薬用プランテルEX」という育毛剤に今、大変注目が集まっています。

髪の毛は増やしたいけどAGAクリニックに行くのは抵抗ある・・という方はまずはプランテルEXを試してみてはいかがでしょうか?

初めて育毛剤を使うという方にも大変使いやすいのでおすすめです。

育毛剤の選び方についてまとめた記事があるのでぜひ参考にしてみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で