ランニングをするとハゲるはウソ!無理せず走り続けられる3つのコツ

ハゲ予防, 改善

ランニングを続けると薄毛が改善されるということをご存知でしょうか?

今回はジョギングとハゲの意外な関係についてご紹介します。

あわせて無理なく続けられるランニングのコツも紹介しているので参考にしてみてください。

なぜランニングでハゲが改善できるのか?

【ランニングの効果】

  • 全身の血行が良くなる
  • AGAの原因である脱毛ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」を汗で排出する
  • ストレス発散になる
  • 良質な睡眠を取れるようになる

ランニングを行うと全身の血行が促進され、髪の毛の生成に必要なたんぱく質やアミノ酸、亜鉛などのミネラルが髪の毛や頭皮へ十分届けられます。

髪の毛に必要な栄養素がなければ発毛は望めないため血行を促進させることは大切です

また適度な運動を行うことでAGAの原因と言われている脱毛ホルモンDHTを汗や尿とともに体外へ排出するのでランニングは薄毛対策として最適なのです。

他にも薄毛の大敵であるストレスや睡眠不足にも効果的なのでランニングはおススメなんです。

髪の毛のために無理せずランニングを続けられる3つのコツ

いくら薄毛改善のためとはいえ、ランニングはこれまで運動不足だった方にとってはかなりハードルの高い運度ですよね?

そこで無理なくランニングを続けられる3つのコツがあるのでぜひ参考にしてみてください。

走る時間帯によって得られるメリットの違いを楽しもう

ランニングと聞くと早朝から早起きして眠たい目を擦りながら走るイメージありませんか?

実際に走る時間帯は朝だけではなく、夜走ることも十分メリットがあります。

朝走ることと夜走ることで得られるメリットについてご紹介するので自分のライフスタイルと相談しながら長く続けられる時間帯で走るようにしましょう。

朝のランニング
朝日を浴びながらのジョギングは血行促進はもちろんセロトニンを分泌するので、ストレス解消効果があります。
また朝は体が冷えた状態から走ることになるので体温が上がり、脂肪燃焼の効果が高まるのでダイエットにも効果があります。夜のランニング
夜のランニングは基礎代謝のアップに適していて、効率よく血行を促進します。
また直接日光を浴びないため紫外線の影響を心配する必要がありません。
リフレッシュ効果も高く、程よく体も疲れるためぐっすり眠ることができます。

毎日走る必要なし!1週間に2~3日走ろう

ランニングは続けて行うことで初めて意味があります。

毎日走るのは理想ですが、あくまで理想であって続かなければ意味がないので毎日走る必要はありません

「あぁ・・昨日は走れなかった・・・」と気に病んだり、「今日こそは走らないと・・」とランニング自体がプレッシャーになって嫌になることが挫折する大半の理由です。

そうならないために週に2~3日程度、実際に走れそうなペースで走ることが長く続けられる秘訣です。

走る距離よりも時間を目標にしよう

走る距離を考えるよりも走る時間を意識したほうがストレスなく走れます

たとえば2km、3kmと距離で聞くとかなり遠いところまで走らないといけないイメージですが、10分、20分と時間を決めたほうが案外途中で挫折しにくいのです。

自分の中で時間だけ決めておけば私たちはアスリートではないのでゆっくり走っても構いませんし、もちろん途中で歩いても構いません。

息を整えて体が楽になったら走ればいいのです。

大事なのは継続して有酸素運動を行うことです。その点においてランニングは非常に効果的だと言えるのです。

忙しくてランニング出来ない時は・・・?

朝はもちろん、夜も仕事やプライベートの付き合いなどで予定通りランニング出来ないことも多いかと思います。

そんな時は普段エレベーター移動しているところを階段で移動してみたり、寝る前に軽めのスクワットをするだけでもかなり違います

少しでも続けて運動することこそが薄毛の解消につながります。

ランニングはもちろん、工夫して自分にあった運動を普段の生活に取り入れていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で