シャンプーでは効かない頭皮の毛穴に潜む角栓様物質は髪の毛の天敵

改善, 毛穴, 角栓, 頭皮

頭皮の角栓は毛穴に溜まっている古い皮膚(角質)と余分な皮脂でできている白い塊状のもの、場合によっては抜け毛の根本に付着していたりします。

頭皮環境の悪化による抜け毛の進行や育毛剤の浸透を邪魔するなど、角栓様物質全般敵に育毛、発毛の天敵なのです。

この記事は角栓の原因や放置リスクや対策法など、角栓についてあらゆる情報をまとめているものです。情報量が多いためページ分割をしていますので、是非気長く最後までお読みください。

角栓が頭皮にできる原因

角栓が頭皮でできる原因は皮脂の過剰分泌です。皮脂は本来徐々に分解されていくのですが、頭皮環境が悪く過剰分泌された皮脂の分解に追い付かず、皮脂は古い角質と混ざり白い塊状の角栓が出来上がってしまいます。

皮脂の過剰分泌は体質にもよりますが、よく薄毛改善の対策に言及される食生活や生活習慣や過剰なストレスによるものです。時には自分に合っていないシャンプーを使用しているのが原因になる場合もあります。

角栓が頭皮にもたらす悪い影響

角栓が頭皮の毛穴に詰まると様々な悪影響をもたらします。

角栓で髪の毛が生えて来ない

角栓は汗と皮脂が混ざり毛穴に蓋をするようになり、髪の毛が生えて来れなくなります。

角栓は皮脂の排出を邪魔する

頭皮の毛穴に皮脂腺があり、皮脂腺から皮脂が分ぴされ、硬くなった角質が蓋のようになると皮脂が頭皮の表面に出て来れなくなります。これによって、炎症やニキビや湿疹や頭皮の臭い、場合によっては脂漏性皮膚炎など様々な頭皮トラブルを引き起こします。

角栓は抜け毛の原因

角栓を放置すると頭皮環境の悪化が深刻になり、ストレートに抜け毛の原因になります。

次ページ:角栓様物質に育毛剤・育毛シャンプーが効くのか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で