育毛剤を選ぶときのポイント

2018年10月19日

世の中には本当にたくさんの育毛剤が存在しています。
正直どれを選べばいいのか悩んでしまいます。

せっかく購入する以上効く育毛剤が欲しいものです。
そこで、育毛剤を選ぶ際の重要なポイントを紹介したいと思います。

症状や原因など、それに見合ったものを選ぼう

薄毛などの原因や症状は、人によってそれぞれ異なります。すべての人に対して効果がある薬など、不可能に近い話です。
育毛剤も各々で効果的な成分配合や機能が異なっています。自身に合わせた成分がなんなのか?そこを把握して選びましょう。

頭皮の血流が悪い場合

例えば、頭皮が硬かったり運動不足で血流が悪かったりする人であれば、「イチョウ葉エキス」、「ショウブ根エキス」、「エビネエキス」など、血行を促進する成分が多く含まれているものを選びましょう。

悪玉男性ホルモンが原因の場合

男性ホルモンが多すぎて、毛髪の成長を邪魔しているようならば、「キャピキシル」、「エチニルエストラジオール」、「ノコギリヤシ」など、ホルモンバランスを調整してくれるような成分を多く含むものが良いでしょう。

髪の成長が弱い場合

毛母細胞の活動が弱く十分な成長が見られない場合は、「ステモキシジン」、「t‐フラバノン」、「パントテニルエチルエーテル」、「ツバメの巣エキス」などの育毛成分が含まれてるものが良いでしょう。
この育毛成分は、メーカーが独自に開発したものも多く含まれるので、実際に試してみないとわからない部分もありますが、ご自身で納得できる成分をチョイスしてください。

皮脂が多くて困っている場合

皮脂が多く、毛穴に詰まってしまうと毛髪の成長を阻害してしまいます。その場合は「イソフラボン」、「ビタミンC誘導体」、「ドクダミエキス」などの皮脂を抑制する成分のものをチョイスしてください。

継続可能な価格かどうかを吟味しよう

ヘアサイクルの関係上、効果が出るのに6ヶ月はかかると言われています。したがってどうしても数ヶ月はその育毛剤を使い続けて見る必要性が出てきます。
例えば、20,000円もする育毛剤があったとしましょう。たしかにアナタにはピッタリかもしれませんが、6ヶ月も使用すれば12万円という結構な額になります。

途中で止めてしまうことで諦めてしまわないよう、継続できる金額の範囲内で選ぶことをオススメします。
各種メーカーで定期購入プランが用意されているので、定期購読すれば金銭的にかなり抑えることが出来ます。

その商品は本当に安全なのか!?

現在は各メーカーがしっかりと研究を重ねて製造されているので、ひどい副作用が起こるような商品はまず無いと考えて良いでしょう。
しかし、内包された成分の中には「かゆみ」・「赤み」・「かぶれ」などが起こる可能性のある成分も含まれています。

入っていることが問題なのではなく、あなたにとって害があるかが重要です。
他の人には何の影響もなくても、自分にとっては症状が出ることだってあるのです。

大事なのは、その育毛剤があなたにとって安全なのかを確認することです。

まとめ

とは言ったものの、結局のところ使用してみなければ分からないところは多々あると思います。
今回のポイントを意識して育毛剤を選び、自分にあったものをキチンと選びましょう。

もし、使用して何らかの症状が出た場合は、ただちに使用を中断して病院へ行くようにしてください。

おすすめ育毛剤5選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク