2018年薄毛抜け毛対策・AGA・増毛植毛の新常識⇒ふさふさ人気記事ランキング

育毛シャンプーを選ぶポイントは?

育毛シャンプーを選ぶポイントは?

「あれ、最近抜け毛が増えてきた気がする。」と思ったり、「確実におでこの範囲が徐々に広がってきている」と感じてきた人。

さらには同年代の友人に「お前、最近ハゲてきたな。」って言われるようになってきた方。

これは、ハゲへの前兆です。しかし、諦める必要は全然ありません。

今回は、髪の毛を最大限に増やす育毛シャンプーの選び方について紹介します。

育毛シャンプーとは

育毛シャンプーの広告でよく見かけるのが、「皮脂をしっかり除去」や「アミノ酸系洗浄成分配合」、「ノンシリコン」といった言葉が謳われています。

これは「頭皮や髪の毛への刺激を最小限に抑え、清潔な状態に洗い上げます。」という事を表しています。

簡単に言うと、「シャンプーで頭部を綺麗に洗いますよ!」という事。

髪を効率的に早く生やすための最善の状態を保つために育毛シャンプーは存在します。
そのため、市販のシャンプーとは大きく効果が違います。

市販のシャンプーと育毛シャンプーの違いとは?

市販のシャンプーと育毛シャンプーの違いは、「成分」の違いと「成分量」に大きく違いがあります。

あまりピンとこないと思いますが、この二つの違いによって、大きく頭皮環境が左右されます。しっかりと理解をしておきましょう。

市販シャンプーの特徴

薬局やスーパーに売ってある安いシャンプーは、泡立ちよく汚れをスッキリ落とし、香料などで香りをつけて手触りを良くすることを目的として作られています。

したがって、頭皮へのダメージに関してはあまり考えられていません。

長時間香りが持続し、ツヤが良いと「いいシャンプー」と思われがちなのですが、アトピー、敏感肌の人にとっては、注意が必要です。

市販のシャンプーの中には界面活性剤や化学成分が含まれており、これらが頭皮に残ってしまうことで、刺激をうけてしまうリスクがあります。

また、化学成分の中には頭皮に残りやすいものが多く含まれている為、しっかりとすすがなければいけません。

これらの成分が毛髪の成長の妨げになっている事に気づいていないという人は多く存在します。

頭皮は、加齢と共にダメージを受けやすい状態になるため、最近抜け毛が気になりだした、頭皮がかゆいと思っている人は、これを機にシャンプーを見直した方が良いでしょう。

育毛シャンプーの特徴

育毛シャンプーは、市販のシャンプーと違い、「無添加」という点にこだわり、頭皮環境を正常化させ、髪の毛を早く伸ばすための最善のコンディション造りをするという事が大きな特徴です。

ですので、市販のシャンプーとは違い、ムダな「香料」が含まれていない為、市販シャンプーほどの良い香りはしませんし、長続きもしません。

最近の育毛シャンプーでは、良い香りがするシャンプーも増えてきましたが、天然植物エキスで香りづけされていますので、市販で売られているシャンプーの「香料」とは異なります。

また、市販シャンプーに含まれる成分の中に、防腐剤が入っています。これは、敏感肌の方には気を付けていてほしい成分の一つです。防腐剤には、酸化防止剤・安息香酸Na・エタノールがありますが、
育毛シャンプーにはこれらがほぼ含まれていません。

正常なヘアサイクルを取り戻し、品質重視の安心・安全なシャンプーが多いため、価格は市販のシャンプーよりは高くなってしまいますが、育毛の効果でいうと価格の倍以上の効果を得ることができます。

育毛シャンプーの選び方とポイント

育毛シャンプーの特徴が分かったところで、次に選び方とポイントを説明します。

育毛シャンプーはたくさんあるため、どれを選べば良いのか分からない。という方は、まずは要点を絞ってから選んでください。

その要点は

1.自分の頭皮は脂性か乾燥肌かを見極める
2.アミノ酸系のシャンプーを使用する
3.目的の成分が配合されているかをチェック

この3つさえ最低限押さえておけば、シャンプー選びに失敗はないでしょう。
この3つのポイントについて、説明をします。

自分の頭皮は脂性か乾燥肌かを見極める

まず一番大事なポイントは、自分の頭皮が脂性なのか、乾燥肌性なのかを知ることから始まります。

分からない方は、セルフチェックをして、自分の頭皮がどっちなのかを認識してください。

セルフチェックの方法は簡単です。
あぶらとり紙を準備し、いつも通りお風呂に入り、髪の毛を洗い、ドライヤーを使用し、8割ほど乾かしてください。
その状態からあぶら取り紙をおでことつむじの2か所の頭皮に貼るだけです。

開始30分ほどであぶらとり紙にあぶらがつき始めるのであれば、脂性です。また2時間たってもつかない場合は、乾燥肌性になります。
1時間ほどでつきはじめた人は、正常肌なので、早めに1時間より早めにつきはじめた人は脂性、1時間たってからついた人は乾燥肌性が頭皮に合いやすいです。

まずはセルフチェックをして、試してみてください。

アミノ酸系のシャンプーを使用する

シャンプーには様々なタイプがありますが、代表的なのは「アルコール系シャンプー」「石鹸系シャンプー」「アミノ酸系シャンプー」の3つが代表として挙げられます。

育毛を目的とするのであれば、「アミノ酸系シャンプー」を選んでください。

アミノ酸系シャンプーは他のシャンプーと違い、圧倒的に髪や頭皮、肌にやさしいのが特徴です。

汚れと余分な皮脂は洗い流しますが、皮脂を根こそぎ落とすことはなく、頭皮にとって必要な潤い成分をきちんと残しておくことができるのです。

また、軟水や硬水といった水によって泡立ちが少ないという事はなく、良い泡立ちで、保湿性が高く、髪の毛もパサつきにくくなります。

美容業界でも、多くのサロンがアミノ酸系シャンプーに切り替えています。

目的の成分が配合されているかをチェック

3つ目のポイントとして、自分が求めている成分がシャンプーに配合されているかをチェックしてください。

育毛シャンプーを使う目的は、頭皮を正常化し、健康な毛を生やすことが目的とされていますが、その為の成分は人によっても違ってきますし、シャンプーによっても変わります。

中には、全て天然素材で作られているシャンプーをこだわる人もいるでしょう。自分の悩みに合った成分が入っているかを必ずチェックしてください。

育毛に欠かせない成分は「植物成分」と言われていますが、植物成分にも、花なのか、葉なのか、それとも生薬なのか海藻なのかでも大きく変わります。

一般的に育毛に効果があるといわれているのは、「生薬」です。

しかし、海藻にも育毛に有効とされる成分は存在しますので、自分の成分はどこを重視するのか、どの成分が配合されているのが良いのかをしっかり考えてから選びましょう。

おすすめ育毛シャンプー5選

まとめ

育毛シャンプーは髪の毛を生やす為には必須のアイテムと言われていますが、自分に合った商品を使用しない限りは、その効果を十分に発揮することはできません。

以上のポイントをしっかりと身につけたうえで、自分に合うぴったりの育毛シャンプーを選んで下さい。

育毛カテゴリの最新記事