2018年薄毛抜け毛対策・AGA・増毛植毛の新常識⇒ふさふさ人気記事ランキング

パンチグラフト法での植毛はおすすめしません、その理由を解説します

パンチグラフト法での植毛はおすすめしません、その理由を解説します

自毛植毛の方法を調べるとパンチグラフト法って出てきたんだけどおすすめ?

そんな疑問にお答えします。

数ある植毛法の中の一つ、それが『パンチグラフト法』です。
植毛法の元祖とも言われ、発祥は1939年と歴史がある植毛法になります。

今回はパンチグラフト法とは何なのか?メリット・デメリットについて解説します。

初めに言っておくと、今はパンチグラフト法より確実な植毛法が存在します。

理由は後述しますが、本当に植毛を考えている人にはおすすめできません。
より確実な植毛法について知りたい人はこちらをどうぞ。

ただパンチグラフト法について知ること自体に損はありませんので、興味がある人はお付き合いください。

パンチグラフト法とは?パンチグラフト法とは?

最初にパンチグラフト法とは何なのか?どういった植毛法なのかをご説明します。

冒頭でも述べたようにパンチグラフト法は植毛法の一つです。

植毛は髪を採取する際に、
皮膚ごと切り取って移植するのか、毛根をくりぬいて移植するのかの大きく2つに分けられます。
パンチグラフト法は後者のほうで毛根をくりぬいて移植する植毛法になります。

パンチグラフト法の移植方法

ではパンチグラフト法具体的な植毛法についてご説明します。

まず髪を採取する際に直径4~5mm程度の特殊な円筒型のパンチやメスを使い、一度に20~30本の毛髪を毛根ごとくり抜いていきます。
くりぬかれた毛根はサイズ別に20~30本単位の束に切り分けられます。
その後切り分けた髪束をパンチやメスで作った毛穴に移植を行うといった流れです。

パンチグラフト法のメリット・デメリット

パンチグラフト法は1939年に誕生してから70年以上経過している植毛方法です。
現代の植毛治療においてパンチグラフト法を選択するメリットはほとんどありません。

メリット以上にデメリットが多く、現在はほとんど使われない植毛方法になります。
ここではその理由をメリット・デメリットを分けて解説し、最後にその理由をご説明します。

パンチグラフト法のメリット

髪の生着率が高い

毛根ごと移植するので、髪の定着率が高いです。
熟練の医師が施術すればその定着率は90%以上といわれています。

手術が簡単で短時間で済む

毛根を一つずつではなくまとめてくりぬいていくので、手術自体が簡単で短時間で済みます。
つまり精神的な負担が少ないということです。

パンチグラフト法のデメリット

髪の密度が低くなる

髪の束が直径3~4mmと大きいため、他の植毛部位同士が離れてしまい、隙間(地肌)が目立ちやすくなります。

不自然な仕上がり

10本以上をまとめて採取・移植するので毛髪一本一本の方向や角度に微調整が利きにくくなります。
そうなると結果として毛の流れに沿わない不自然な見た目になりやすいです。

採取部の傷が目立ちやすい

これも同じ理由にはなりますが、まとめてくりぬいていく以上採取した部分の傷跡が目立ちやすいです。
手術後しばらくは隠していく必要があります。

今はより進化した植毛法『FUE法』が存在する

パンチグラフト法より進化した植毛法『FUE法』
ここまで見るとやはりデメリットのほうが大きく、おすすめしない植毛法になります。

初めにお伝えしたように最初に、今はより進化した『FUE法』が存在します。
本格的に植毛を考えている人はこちらの記事をどうぞ。

パンチグラフト法の歴史

ここではパンチグラフト法の歴史についてご説明します。

当時は『植毛』という言葉自体が存在しなかった

パンチグラフト法の誕生は1939年と戦前までさかのぼります。
それまでは植毛という言葉自体が存在していませんでした。
脱毛症や薄毛の治療というよりは頭部のケガ治療という目的で、皮膚移植が行われていましたがリスクが高すぎたため発展することはありませんでした。

パンチグラフト法の案者はなんと日本人

ですが日本人の奥田庄二医師がそれを覆します。
皮膚科の医師であった奥田医師は、

後頭部の毛根は遺伝子的に生涯脱毛を起こすことは少ないため、他の場所に移植しても変わることがなく毛を生やし続ける。

ことに注目し後頭部の毛髪を、毛根と周囲の皮膚ごと脱毛箇所に移植する方法を考えます。
これが自毛移植手術の始まりであり、世界初の植毛法『パンチグラフト法』です。

改良されたパンチグラフト法が世界基準になる

その後戦争で奥田医師は亡くなってしまいますが、1959年アメリカの医師、ノーマン・オレントライヒ医師が奥田医師ののパンチグラフト法を改良します。
「奥田・オレンライヒ法」と呼ばれたこの植毛法は世界中に広まっていきました。
1990年代になり、『FUT法』や『FUE法』といったより安全で確実な植毛法が誕生しパンチグラフト法は植毛の歴史から静かに消えていきます。

以上がパンチグラフト法の歴史です。

今でこそさまざまな植毛法がありますが、そのルーツはすべてパンチグラフト法なのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実際に植毛したい人にはパンチグラフト法はおすすめしませんが、今ある植毛法はパンチグラフト法が基礎になっています。
より確実な植毛法を選び、髪の悩みから開放されましょう。

植毛・増毛カテゴリの最新記事