2018年薄毛抜け毛対策・AGA・増毛植毛の新常識⇒ふさふさ人気記事ランキング

育毛剤と発毛剤の違い。知るべきメリット・デメリット

育毛剤と発毛剤の違い。知るべきメリット・デメリット

AGAや薄毛などで対策をしようと思って商品を調べたときに、「」・「」というのを見かけると思います。いざ購入しようとした場合に自分はどちらにすべきなのか、そもそも育毛と発毛の違いは何なのか分からなくなってしまいますよね?

そこで今回は、この育毛剤と発毛剤の違いについて調べてみました。

育毛剤と発毛剤、役割の違い

育毛剤も発毛剤もそれぞれどちらも「毛を生やしてフサフサになる」イメージがありませんか?私もそう思っていましたし、「毛生え薬」の言い方違いなだけだと思いがちです。ところが実際は役割が各々全く異なっているのです。

育毛剤の役割

育毛剤という名前の通り、「毛を育む」ことを目的としています。ですから、直接髪の毛を生やすのではなく、現在生えている髪の毛を丈夫にし、これから生えてくる髪の毛をしっかり育てられるように頭皮の環境を整えたりするものです。

M字ハゲ専用育毛剤「プランテル」が人気になる納得の理由

発毛剤の役割

一方、発毛剤の場合はどうでしょうか?こちらも育毛剤と同じく、頭皮の環境を整えて、今生えている毛を丈夫にする効果があります。
そこにプラスであるのが、「新しく毛を生やす」発毛の効果です。発毛剤には発毛効果の認められた成分が入っているため、育毛剤と異なり「医薬品」の扱いになります。

育毛剤と発毛剤の成分の違い

発毛剤は医薬品だとお伝えしました。では育毛剤はどうなんでしょうか?育毛剤の場合は、殆どの商品が「医薬部外品」になっていると思います。薬機法による医薬品と医薬部外品の違いは、それに含まれる成分とリスクの違いです。それでは、それぞれの成分を見てみましょう。

育毛剤の成分

育毛剤によく含まれている成分について紹介したいと思います。以下に入っている成分は、リスクが少ないのが特徴です。

  • ノコギリヤシ
  • センブリエキス
  • ドクダミエキス
  • アロエエキス

男性ホルモンを抑制する、ノコギリヤシ

悪玉男性ホルモン「」の生成を抑制する成分として有名です。

毛母細胞を活性化する、センブリエキス

センブリエキスは、リンドウ科のセンブリから抽出された成分です。花・葉・茎・根っこ、その全てに有効成分が含まれており、苦味の強い植物。センブリエキスに含まれる「アマロゲンチン」、「アマロスウェリン」は毛乳頭細胞分裂作用があり、毛母細胞の活性化が期待されます。

皮脂分泌を抑制する、ドクダミエキス

毒を溜め込んでいるかのような臭いが由来のドクダミは、老廃物を除去する薬として古来より親しまれてきました。このドクダミは皮脂の過剰分泌を抑制する効果もあり、皮脂分泌抑止効果が期待されます。

頭皮保湿に役立つ、アロエエキス

昔からアロエは民間療法で多く用いられ、健康効果が高いことで有名です。下剤としての効果や殺菌作用などがありますが、保湿作用も高く、頭皮の保湿が期待されます。また、アロエの持つ下剤効果をもつ成分が「アロイン」といいます。このアロインが5αリダクターゼを抑制する効果がることも最近の研究で分かってきています。

発毛剤の成分

発毛剤は医薬品であるため、厚生労働省より安全性と効果が認められたものしか認可されません。現時点で認可された成分が以下の3つとなります。

フィナステリド

元々前立腺肥大症の改善を目的として開発された成分ですが、低用量だと育毛にも効果があることがわかり、「プロペシア」というAGA治療薬が開発されました。フィナステリドは5αリダクターゼを抑制し、悪玉男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」を生成を抑制します。

デュタステリド

デュタステリドもフィナステリドと同じく5αリダクターゼを抑制する効果があります。デュタステリドを用いた医薬品としては日本では2016年6月より発売された「ザガーロ」があります。

5αリダクターゼには1型と2型が存在し、2型のみに効果があるフィナステリドに対し、デュタステリドは1型・2型の両方に効果があるのが違いです。発毛効果自体もフィナステリドの1.6倍と今注目のAGA治療薬となっております。

ミノキシジル

ミノキシジルは前2つの成分と異なり、錠剤ではなく塗り薬が認可されています。血圧降下剤として用いられる成分で、血管を広げ、血流を良くする効果があります。高血圧の治療として行った人に発毛効果があったことから研究され、AGA治療薬として開発されました。

日本では「リアップ」がミノキシジルを配合した医薬品です。フィナステリドやデュタステリドとは効果が異なるので、AGAクリニックでは併用を推奨することが多いようです。

育毛剤と発毛剤のメリット・デメリットによる違い

髪の毛が生えるなら発毛剤を使ったほうが良い、そう思いがちですが、育毛剤と発毛剤にはそれぞれメリット・デメリットがあるのです。

育毛剤のメリット・デメリット

育毛剤のメリットは何といっても、天然成分から作られていることもあり、副作用が少ないことにあります。まれに肌質に合わず、湿疹・かぶれ、アレルギー反応が起こるぐらいだと思います。

逆にデメリットは、天然成分で作られているため、化学薬品で作られた発毛剤と比べて発毛効果がないことになるかと思います。

発毛剤のメリット・デメリット

一方、発毛剤のメリットはその優れた発毛効果が挙げられるでしょう。しかし、その分副作用のリスクも高まるのです。副作用が必ず起こるわけではなく、あくまでも「起こる可能性」があるということを理解して頂いた上で、起こる副作用は以下のものがあります。

男性機能の低下

男性ホルモンに影響を与える、フィナステリドやデュタステリドなどは、性欲の減退や勃起不全などの男性機能の低下が起こる場合があります。発症確率は0.5〜0.7%とも言われるので、なかなか起こりにくい副作用ではあります。

頭皮のかぶれや湿疹などの症状

ミノキシジルは塗り薬であるため、フィナステリドやデュタステリドに比べると副作用は少ないですが、かぶれや湿疹を発症した方もいるとのことです。

頭痛や動悸、抑うつ感の症状

最後に、重篤な副作用として頭痛や動悸、抑うつ感の症状が起きる場合があるようです。とはいえ、大塚製薬公式見解でも言われているように、重篤な症例は3件程度しかなく、因果関係も不明なレベルのものです。

ですので、副作用が発生する可能性は低いものの使用に関しては十分な注意が必要なことをご理解ください。

こんな人におすすめ

以上、育毛剤と発毛剤のメリット・デメリットを含めて違いをお伝えしてきました。育毛剤は天然成分を使用しているので体にやさしく、発毛剤は化学的に製造された成分を用いているので副作用のリスクがある。

この違いを理解し、薄毛の進行が浅い方は「育毛剤」を利用し、薄毛進行が進まれた方は「発毛剤」の利用をおすすめします。ご自身の頭皮・毛髪の状態を理解し、適切なものを使ってください。どうしてもよくわからない場合は専門の病院やクリニックに通われることをおすすめします。

AGAカテゴリの最新記事