2018年薄毛抜け毛対策・AGA・増毛植毛の新常識⇒ふさふさ人気記事ランキング

フィナステリド

フィナステリドは本来前立腺肥大症や前立腺がんの抑制作用があるとして海外を中心に使用されてきました。臨床試験では多くの服用者にある程度の発毛が認められたため、日本で2015年12月に万有製薬(現在のMSD)から薄毛治療薬として発売されたのが始まりです。 ただフィナステリドを薄毛治療へ採用するということは本来の使途目的と違うため、性欲減退やED(勃起機能不全)精液量減少などをはじめとした副作用が発現したという報告もあります。確率はかなり低いとはいえ心配する声も少なくありません。 言い換えればフィナステリドに副作用があるということはそれだけ高い効果が期待できるということなので、副作用の可能性を限りなく0に近づける方法もあるので、うまく活用して治療に臨みましょう。